データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





神野の2打席連弾・坂根の完封など投打かみ合い天理が白星発進!元近鉄・阪神の中村監督が甲子園初勝利【全国高校野球】

2017/08/13

text By

タグ: , , , , ,



 第99回全国高校野球選手権大会の第6日(13日・甲子園球場)第1試合は、投打がかみ合った天理(奈良)が大垣日大(岐阜)を6-0で破った。
 
 2回、天理は「天理のバレンティン」こと4番・神野のバックスクリーン横に飛び込むソロ本塁打で1点を先制。神野は4回にも2打席連続となるソロ本塁打を左中間スタンドに放ち、2点目を加えた。その後、5番の主将・城下も二塁打で続くと、二死から7番・森本が一二塁間を抜ける適時打を放ち3点目を奪う。
 
 5回には一死から宮崎が内野安打で出塁すると、杉下の右中間を破る適時三塁打・太田の左犠飛で2点を加え、リードを5点に広げた。
 
 そして、8回には先頭の太田が大垣日大の三塁手・小木曽の悪送球で2塁まで進塁。その後、神野の右飛でタッチアップし3塁まで進むと、城下のスクイズでダメ押しの6点目を奪った。
 
 先発の坂根は持ち味のコースを突く投球が冴え、味方を上回る9安打を浴びながらも要所を締めた投球を見せ9回を146球で無失点に抑える熱投で完封勝利をマークした。
 
 2年ぶりの甲子園出場となった天理ナインは、元近鉄バファローズ、阪神タイガースの中村良二監督に監督として甲子園初勝利を届けた。

スポンサードリンク