データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



清宮の進路は? 英語はネイティブレベルの「文武両道」。米大学進学に壁はなし

今夏、球界の注目を一身に集める早実・清宮幸太郎内野手(3年)。高校最後の甲子園出場は叶わなかったものの、その進路に世間の関心が高まっている。進学かプロか。まだまだ目が離せない。

2017/08/01

text By

photo

Getty Images

タグ: , ,



「文武両道」の清宮。日本球界は金の卵流出を懸念

 そういう観点から評すると、まさに清宮は「文武両道」。米国の大学に行っても英語で授業を受けることはほとんど問題ないだろうし、海の向こうで野球を続けながらチームメートとコミュニケーションを取ることも十分に可能と見る。
 
 しかも清宮は野球だけでなく、勉強の面でも「吸収力が群を抜いて早い」ともっぱらだ。そうだとすれば、米国の大学以上の好環境は他にあるまい。ムービング系のボールへの対処、そして英語の勉強にもアジャスト(順応)することで、夢のメジャーリーグ入りはグンと近づいて来る。
 
 とはいえ、おそらくNPBも金の卵のメジャー流出をただ黙って指をくわえて見ているわけにもいかないだろう。“田澤ルール”の存在もチラつかせながら清宮にプロ志望届提出を促し、そこに乗じて日本の多くの球団があの手この手で今秋ドラフトでの獲得を狙うに違いない。
 
 若き未完の大砲の決断が注目される。

1 2 3


  • 記者募集