データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



「ナックル姫」と呼ばれ約10年…。“男社会”で挑み続ける吉田えりの現在地

「ナックル姫」の名前で一躍有名になった吉田えり投手。今でもその名のおかげで球場で声をかけられたり、メディアに出演するなど良い点もあったが、プレーよりもその名前が独り歩きしすぎて戸惑うこともあった。思うようにプレーできない日々が続いているが、現在も女子プロ野球ではなく独立リーグでプレーをし続けている。

2017/06/01

text By

photo

阿佐智

タグ: , , , , , , ,



女子がプレーするための「中学の壁」

 そんなとき、出てきたのが今回の移籍話だった。リーグの2球団増設に伴う分配ドラフトで、栃木球団から指名されたのだ。自身としては最長の3シーズン半在籍した石川を去ることに、さみしさを感じたものの、新たなチャンスと前向きにとらえ、この移籍を受け入れた。
 
 独立リーガーとして、すでに9シーズン目。周りの選手の多くは自分より年下になった。ただ、それがすべて男であることだけは変わっていない。
 
「いや、それが私にとって普通だったんです。」
 
 吉田は、男社会の野球界でずっとプレーしてきたことについて、プレーする場を探した自然な結果だったと言う。
 
「今は女の子が野球するところ、たくさんできましたけど、私が子供の頃は『野球したい』ってなると、男の子と一緒にするしかありませんでしたから。でも、抵抗はなかったですよ。私たちの頃は、女子が混ざることはもう自然で、男子もみんな『一緒にやろうよ』って感じでしたから」
 
 それでも、年齢がだんだん上がっていくうちに、女子の数は減っていった。「中学の壁」である。現在でもこの期間、女子が野球をプレーする環境は整っていない。
 
「この頃になると、微妙に雰囲気が変わってくるんですよね。小学校まではチームに2、3人女の子もいたんですけど、中学では私1人。中学からは、どうしても、女子はソフトボールみたいな感じになるんですよね。私も『女の子でもいいですか?』って聞いて、OKもらって入部したんです」 
 
 幸い、顧問が女性で、男子部員のほとんどは少年野球で女子とプレーしていた経験があり、吉田は自然に受け入れられたが、そもそも入部するのに断りを入れねばならなかったところに、壁を感じざるを得ない。
 
「でも、やっぱり、向こう(男子)も気を遣ってくれるようになるんですよ。そうなると、こっちも気を遣ってもらってるんだってなりますしね」

1 2 3



  • 記者募集