データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



健大高崎―福井工大福井、雨中の大激戦は決着つかず。初の2試合連続再試合に【第89回センバツ】

2017/03/26

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , ,



 第89回選抜高校野球大会7日目、2回戦の高崎健康福祉大高崎(群馬)対 福井工大福井(福井)の試合が26日に甲子園で行われ、7-7で延長15回引き分け。規定により再試合となった。第2試合に続いての延長15回の激戦に、甲子園球場は大きな拍手で包まれた。
 
 試合は3回裏、健大高崎は1死から8番・伊藤敦紀投手がレフト前ヒットで出塁。続く9番・大柿廉太郎捕手の犠打、1番・今井佑輔外野手の死球で2死一、二塁とチャンスを広げる。ここで、2番・小野寺大輝外野手が右中間へ2点タイムリースリーベースヒットを放ち、2点を先制した。さらに3番・安里樹羅内野手が初球にセーフティースクイズを成功させ、4番・山下航汰がライトへタイムリースリーベースヒット。この回一挙4得点を挙げた。
 
 福井工大福井の反撃は5回表、2死から吉田に代わって出場し2番に入った佐藤がセンター前ヒットで出塁。3番・井上開都内野手、4番・山岸旭外野手が連続四球で満塁のチャンスを迎える。ここで、5番・島谷元貴捕手がライトの頭上を越える走者一掃の3点タイムリースリーベースヒットを放ち、3-4と一気に1点差に詰め寄った。
 
 直後に健大高崎が1点を追加し2点差となったが、福井工大福井は6回表に再び猛攻を仕掛ける。2死から9番・摺石がライトへツーベースヒットを放つと、1番・北川智也内野手、2番の佐藤が四球で塁を全て埋める。逆転のチャンスで打席に入った井上開は、深く守っていたセンターの前に落ちる3点タイムリーツーベースヒット。6-5とついに試合をひっくり返した。
 
 7回に再び健大高崎が同点に追いつき、緊迫した中で迎えた9回表。福井工大福井は、先頭の佐藤がライト前ヒットで出塁すると、この試合ここまで無安打の4番・山岸が左中間へ勝ち越しタイムリーツーベースヒットを放ち、7-6と勝ち越しに成功した。
 
 しかし、試合はこのまま終わらない。その裏の健大高崎の攻撃は、先頭の小野寺が相手エラーで出塁。安里が死球、山下の送りバントなどで2死二、三塁とすると、代打・安藤諭外野手の打席でダブルスチールを成功させ、小野寺が生還し再び同点に追いついた。試合は7-7で延長戦に入る。
 
 延長15回裏、健大高崎は2死から小野寺がライト前ヒットで出塁し、けん制が逸れる間に二塁へ進塁。しかし、安里はサードへのファールフライに打ち取られて試合終了。規定により引き分け、再試合となった。
 
 1日の試合で、2試合連続延長15回引き分け再試合となったケースは初めて。福井工大福井は193球を投げた摺石、そして2番手の氏家拓海投手が奮投。また健大高崎も、先発した伊藤が2度マウンドに登り計195球と力投し、2番手の小野大夏投手、3番手の竹本甲輝投手と繋がれた継投も光った。
 
 この2チームによる再試合は、28日(火)の大会9日目第2試合に組み込まれた。また、この日第2試合で引き分けとなった滋賀学園(滋賀)-福岡大大濠(福岡)の再試合は、当初明日27日(月)の第4試合で行われる予定だったが、こちらも日程をずらして28日の第1試合に変更された。