データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



滋賀学園―福岡大大濠は延長15回両者譲らず。センバツでは3年ぶり引き分け再試合【第89回センバツ】

2017/03/26

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , ,



 第89回選抜高校野球大会7日目、2回戦の滋賀学園(滋賀)対 福岡大大濠(福岡)の試合が26日に甲子園で行われ、1-1で延長15回引き分け。規定により再試合となった。
 
 まず滋賀学園が仕掛ける。初回、先頭打者の1番・真藤司外野手がセンター前ヒットで出塁すると、2番・小浜崚史内野手もヒットで続く。1死二、三塁となって、4番・武井琉之外野手がセンターへのタイムリーヒットを放ち、幸先良く先制した。
 
 対する福岡大大濠は3回表、先頭の1番・久保田有哉内野手、2番・平野孝太朗外野手が内野安打で出塁。3番・古賀悠斗捕手もセンター前ヒットで続き、無死満塁と絶好のチャンスを作った。しかし、4番・東怜央内野手はピッチャーゴロ、5番・稲本侑星内野手もピッチャーゴロで併殺となり、無得点に終わった。
 
 その後は、滋賀学園・宮城滝太、福岡大大濠・三浦銀二の両投手による好投、そして野手陣の堅い守りによって無得点のイニングが続き、1-0のまま試合は終盤に入る。
 
 反撃したい福岡大大濠は8回表、先頭の久保田がレフト前ヒットで出塁。チームに3回以来のヒットが飛び出すと、続く平野が送りバント。古賀は四球で1死一、二塁とする。すると、この試合ここまで無安打だった4番の東がセンター前へタイムリーヒットを放ち、ついに同点に追いついた。
 
 ここで滋賀学園は、1回戦の東海大市原望洋(千葉)戦で延長14回192球を投げた棚原孝太投手にスイッチ。棚原は後続を併殺打に打ち取り、逆転のピンチを脱した。
 
 試合は9回で決着が付かず、1-1で延長戦に入る。
 
 無得点のイニングが続き、迎えた15回裏。滋賀学園は先頭の3番・後藤克基捕手がセンター前ヒットで出塁。その後、送りバントと外野フライが絡んで2死三塁と一打サヨナラのチャンスを作る。しかし、6番・山本峻平内野手はピッチャーへの小フライに打ち取られ、試合終了。規定により引き分け、再試合となった。
  
 福岡大大濠の先発・三浦は15回を1人で投げ切り、投球数は196にのぼった。一方、滋賀学園の2番手で登板した棚原も、7回2/3を94球、無失点と力投。両投手とも再三のピンチを粘り強い投球でしのぎ、試合の流れを渡すことはなかった。
 
 センバツでの引き分け再試合は、2014年の第86回大会、桐生第一(群馬)-広島新庄(広島)戦以来3年ぶり。
 
 再試合は、明日27日(月)の大会8日目、第4試合に組み込まれた。
 
※第3試合の高崎健康福祉大高崎(群馬)―福井工大福井(福井)の試合も延長15回引き分け再試合になったため、滋賀学園―福岡大大濠の再試合は、当初の27日から28日(火)の第1試合に変更された。