データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



明徳義塾対早実、清宮の5打席目は同点に繋がる四球【第89回センバツ】

2017/03/24

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



 第89回選抜高校野球大会第5日目が24日、甲子園で行われている。
 
 同日の2試合目は、明徳義塾(高知)対早稲田実業(東京)。
 
 早実の主将で今年のドラフト目玉の清宮幸太郎は3番・一塁でスタメン出場だ。
 
 ここまで1打席目センター前ヒット、2打席目センターフライ、3打席目キャッチャーフライ、4打席目はレフトフライと2打席目以降凡退が続いている。
 
 9回1点ビハインドで迎えた5打席目は、2死一、二塁のチャンス。2球ボールを見た後の3球目をファールとし、4球目もボールを見極め3-1。そして5球目が122キロのストレートが外角高めに外れ四球となった。
 
 その後満塁となり、押し出し四球により4-4の同点に追いついた。