データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【2016年ドラフト大学生編】田中、佐々木、柳「大学BIG3」以外にも本格派投手が揃う大豊作。野手は吉川、京田か

プロ野球の新人選択会議(ドラフト)が20日に迫っている。果たして、今年はどんな選手たちが指名されるのだろうか。2016年のドラフト候補たちを、高校・大学・社会人と3回に分けてお送りする。今回は大学生編。

2016/10/19

text By

photo

高木遊

タグ: , , , , , , , , , , , , ,



BIG3に匹敵する能力を秘めた好投手がズラリ

 その他にドラフト上位候補に名前が挙がる選手も、投手が多い。

 右腕では、アマチュア球界最速となる157km/hのストレートを投じる中塚駿太(白鴎大)、最速151km/hで複数の変化球を器用に投げる池田隆英(創価大)、最速152km/hのストレートと数種類のスライダーを駆使する黒木優太(立正大)、気迫あふれる投球で昨春は全国準優勝に躍進した最速155km/hの生田目翼(流通経済大)、最速153km/hのストレートで押していく加藤拓也(慶応義塾大)と本格派揃い。また、今季は右肩の不調で思うような成績を残せていない高良一輝(九州産業大)や右ヒジの遊離軟骨を抱え一時離脱もあった畠世周(近畿大)も評価は高い。

 左腕では、最速151km/hのストレートとブレーキの利いたチェンジアップが武器の濱口遥大(神奈川大)、愛知大学2部リーグ所属ながら最速151km/hを投じる中尾輝(名古屋経済大)、140km/h台後半のストレートと縦に割れるカットボールを武器に奪三振の多い笠原祥太郎(新潟医療福祉大)が上位候補に挙がっている。

佐々木千隼(桜美林大)2016

 上位候補ではないが、変わり種では左腕の鶴田圭祐(帝京大)と右腕の坂本工宜(関西学院大)が準硬式野球部所属ながら指名候補に挙がっている。

野手は吉川、京田に上位指名の可能性

 野手の上位候補は多くないものの、侍ジャパン大学代表で二遊間を組んだ吉川尚輝(中京学院大)と京田陽太(日本大)は走攻守三拍子揃った遊撃手として、1位もしくは2位で指名されそうだ。

吉川尚輝(中京学院大)打撃

 高い守備力と打撃での伸びシロでは石井一成(早稲田大)の名前も挙がる。

 スラッガータイプでは、侍ジャパン大学代表で4番を務めた大山悠輔(白鴎大)が貴重な右の長距離砲で三塁守備に穴もないため早めの指名がありそうだ。

1 2