プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【2016年ドラフト交差点】大阪でしのぎを削った左腕・寺島成輝(履正社)と高山優希(大阪桐蔭)。ライバル同士の舞台は大阪からプロへ

2016年度のドラフト会議が20日に迫っている。この1年を振り返ると様々な選手たちがドラフト戦線に名乗りを上げた。各地区でしのぎを削り運命の日を迎える。そんなドラフト候補たちをリポートする。今回は大阪でライバルとしてしのぎを削った二人の左腕・寺島成輝(履正社)と高山優希(大阪桐蔭)の交差した野球人生をリポートする。

2016/10/14

text By

photo

Getty Images



履正社、大阪桐蔭に進学、高校でも続いたライバル関係

 この頃になると「寺島が進む高校が甲子園に行く」と言われるほど“寺島成輝”の名は関係者の間で広く知られるようになっていた。高山の言葉からも見上げる感じが伝わってくる。寺島は3年夏が終わるとボーイズの日本代表として世界一も経験。高山も3年時にNOMOクラブがバックアップする「NOMOジャパン」の主戦として海外で戦い、やがて進路は履正社と大阪桐蔭に分かれた。当然、大阪桐蔭も寺島に興味を持っていた。高山も「寺島が一時桐蔭に来るかもって噂もありました」と振り返ったが、そうはならなかった。

 高校入学後の公式戦デビューはやはり寺島が先だった。1年夏にベンチ入りすると、準決勝の大阪桐蔭戦でも登板。初回5失点の先輩エース永谷暢章のあとを受け2回以降を1点に抑え、力を見せた。

 秋には選抜準Vの立役者だった永谷、溝田悠人の2年生右腕を差し置いて早くも背番号「1」を背負った。戦いはPL学園に5回戦で敗れたが順調な成長ぶりだった。

 高山はこの秋からベンチ入り。エースの田中誠也と先発2本柱として投げ、大阪大会優勝から近畿大会ベスト8。翌春には寺島より一足早く甲子園出場を果たした。

 チームは準々決勝で優勝する敦賀気比に敗れたが、この試合でリリーフ登板し、自身初の140キロを記録。密かな自信を手にすると、甲子園帰りの春季大阪大会準決勝で履正社相手に4失点完投。夏を見据え未登板の寺島と投げ合うことはなかったが、こちらも着実な成長を見せた。そして夏。全国でも大きな話題になった大阪大会初戦で両チームがぶつかった。

 ここでは寺島と田中が投げ合い、5対1で大阪桐蔭が勝利。寺島にとっては内野の守りのミスが絡むなど不運な面もあった。

1 2 3