データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



全国制覇以来の甲子園、前橋育英が挑む二度目の夏。「当たり前のことを積み重ねて負けないチームに」

2013年、高橋光成擁する前橋育英(群馬県)は、初出場初優勝という快挙を成し遂げた。それから3年――スタイルを変えることなく、再び甲子園に前橋育英が戻ってきた。

2016/08/04

text By

タグ: , , ,



「どこにも負けないチームに」

 しかし、苦しい状況でこそ、地道に積み上げて来た成果は発揮される。「甲子園まで勝ち進めばケガをした選手も間に合うからみんなで頑張ろう」と1つになり、抜群のチーム力を発揮。関東大会の優勝は「内心悔しかった」という三ツ井も「監督さんやみんなが『絶対間に合うから頑張れ』と言ってくれたので元気が出た。迷惑かけたその分も、大事なところで自分が決めてやる、とい気持ちでやってきた」と言うように、群馬県大会ではスタメンに復帰。3年ぶりの夏の制覇に貢献した。

 初の全国制覇を成し遂げた2013年は、2年生エースの高橋光成(現埼玉西武ライオンズ)を擁し、監督の次男で主将の荒井海斗を中心にした鉄壁の守備力で、試合を重ねるたびに強いチームへと変貌を遂げ、一気に頂点へと駆け上った。

 そして今、当時の高橋と同じ背番号「1」をつけてマウンドに立つ佐藤も「夏に勝つために厳しい練習やトレーニングを積み重ねて準備してきた」と胸を張る。全国で戦う相手は強いチームばかりだが、それ以上に培ってきたものがある、とキャプテンの小川は言う。

「1年生、2年生の夏は2回戦、1回戦で負けて夏の厳しさを知りました。3年前に兄貴(のキャッチャーで出場した駿輝さん)が優勝した時は『兄貴でも勝てるんだ』と思っていたんですけど、いざ自分が入ったら夏の甲子園は本当に厳しいところなんだ、と悔しい思いをしたので、去年の夏に負けてからここまでは死にもの狂いで練習してここまで来ました。甲子園出場が決まって終わり、ではなく、もっとレベルアップできるように当たり前のことを積み重ねて、どこにも負けないチームになりたいです」

 再び頂点を目指して。当たり前のことを当たり前に、前橋育英が二度目の夏に挑む。

1 2