データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



雄星とチームメイトだった、あの〝二刀流〟選手が2015年のドラフト候補に!? 注目の社会人投手をピックアップ!【横尾弘一「プロにつながる社会人野球」】

12月10日に『2014年社会人野球表彰式』が行われ、社会人野球も2014年シーズンが終了した。束の間のオフを経て、年明けから各チームは始動する。大学卒業後、社会人野球で2年間プレーした選手にとって来季はドラフト指名対象にもなるが、全国各地にはプロも注目する好投手が揃っている。

2014/12/13

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



各地区にも2015年ドラフト候補の好投手が揃う

 そのほかの注目株を地区別にピックアップしよう。

 北海道では、左腕から独特のラインのボールを繰り出す金澤光基(JR北海道)が興味深い存在。東北では、重量感あるストレートと多彩な変化球のコンビネーションに優れた東谷 優(七十七銀行)が、全国での活躍を誓う。

 関東では、気迫のこもったパワー・ピッチングが印象的な石橋良太(Honda)、主にリリーフで力強さをアピールした東條大樹(JR東日本)、リーチの長さを生かしたボールをサイドハンドから投げ込む船本一樹(JX-ENEOS)もマークしたい。

 また、東海・北信越では都市対抗連覇を狙う西濃運輸の六信慎吾、山下大輝の両右腕がどこまで台頭してくるか。近畿にはイキのいいサウスポーが揃う。

 日本生命で日本選手権4強入りに貢献した清水翔太、山田和毅は競い合いながら実力を伸ばしそう。NTT西日本の藤本晃次が188cmから投げ下ろすストレートもキレ味抜群。大阪ガスの青木貴之は都市対抗、日本選手権とも先発を任された経験が生きてくるはずだ。

 パナソニックのクレバーな速球派右腕・近藤大亮も、じっくりと力をつけている。中国・四国・九州では、日本選手権で先発を経験した藤谷修平(JFE西日本)が一気のブレイクを果たすかもしれない。

 彼らはドラフト候補としてもスポットライトを浴びると思うが、それ以前に社会人でルーキーから2年続けて目立つ実績を残すのは容易ではない。

 苦しみながらでもステップアップしていく姿を見せてもらいたい。

1 2