データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



「結果を残せば文句は言われない」女子プロ野球、埼玉・加藤優。開幕戦で悔し涙をバネに!【『花になれ!』vol.2】

女子プロ野球のゴールデンルーキー、埼玉アストライアの加藤優外野手が毎月連載する『花になれ!』。27日現在、3試合に出場4打数3安打と、代打での途中出場ながら結果を残している。今回は先月26日の開幕戦から9日、10日と川口市営球場で行われた本拠地開幕戦までの心境について語ってもらった。

2016/04/29

text By

タグ: , , , , ,



友達に救われた言葉と見られる意識

 そんなこともあって、本拠地開幕までの2週間はめちゃくちゃ頑張りました(笑)。中学時代の野球仲間にも現状を相談したんですよ。昔から負けず嫌いなその友達は、「心の中で今に見てろ!って気持ちでやってる」と言っていて、私もそういう風に気持ちを切り替えてみました。すごくモヤモヤした気持ちが晴れて、その言葉に助けられましたね。

 本拠地開幕戦の試合前日の夜はベンチに入れると分かって切り替わったのか、ぐっすり眠れました。当日も落ち着いて出番を待つことができましたし、良い緊張感だったと思います。2日間で4500人もお客さんが来てくださいました。あそこまで多くの人たちの前でプレーしたことは初めてでしたが、ああいう場に慣れていたんだと思います。
 というのも去年、アマチュアの時から私の試合を観に来てくださる方が結構いて、プロに入る前から、人に見られながらプレーをする意識を持っていました。
 あと人前で歌を歌っていたのも大きいですね。ライブハウスだとお客さんとの距離が近いので、ギター間違えたらどうしようとか思ってましたから(笑)。

 プロ初安打が出たときには、帽子を取ってお辞儀をしようと思っていました。イチローさんもやってるじゃないですか(笑)。女子でもやる選手はいるんですよ。そういうお客様への対応などは、男子の野球を見てる時も気にするようにしてます。

 守備に関しては、周りに言われるほど苦手な意識はないんです。私のことを一番知っている父に言わせると「普通やろ」って(笑)。ただそういうイメージがあるのは確かなんで、私のところに球が飛んできても安心してもらえるようにならないといけないですね。

1 2 3 4