データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



女子プロ野球界“希望の星”加藤優、目指すは“美しすぎる”からの脱却【月刊 加藤優 #1】

3月25日にプロ野球が開幕するが、翌日には女子プロ野球も2016シーズンが始まる。今季は、埼玉アストライアに入団した加藤優が注目を集めている。

2016/03/03

text By

photo

佐藤博之

タグ: , , , , , , ,



フルスイングを常に心がける

 女子プロ野球の埼玉アストライアに期待のルーキー加藤優が入団した。歌手との二刀流であることに加えて、恵まれたルックスからマスコミの注目も高い。

「大谷翔平選手と、引退された小笠原道大さんです」

 加藤に好きなプロ野球選手を尋ねるとこの二人の名前が出た。
 大谷は二刀流として自らを追い込んで、ピッチャーとしても野手としても結果を出しているところに惹かれ、小笠原氏についてはフルスイングが好きだったとその理由を語ってくれた。また同じ外野手ということで糸井嘉男にも興味があると話していた。

 加藤は野球と歌手の二刀流を目指し、プレースタイルでは常にフルスイングすることを心掛けている。そういう点では、大谷や小笠原氏の影響を受けているのだろう。

 しかし歌手との二刀流に関しては、プロ野球の入団と同時に事務所を退所(現在も加藤の支援は行っている)しているため、チームのイベントなどで歌うことはあっても、ライブ活動や新たなCD発売などの予定はなく「Superflyさんや絢香さんが目標」という歌手活動はひとまず封印した。

「ダッシュがキツイと言われてたので、何とか乗り越えて良かったです」

 先月23日に行われたキャンプ初日が終わると、加藤はホッとした表情で振り返った。練習後あるいは、練習のない日には、チームの顔でありキャプテンである川端友紀(ヤクルト川端慎吾の実妹)とともに、チームと女子プロ野球の広告塔として、精力的な広報活動に勤しむ毎日を送っている。
 その川端からはトレーニング面などでアドバイスを貰っている。
 また球団広報によると他の選手も「加藤が取材を受けてくれることで、お客さんやマスコミの方が球場に来てくれるのは私たちにとってもチャンスだと捉えている選手が多い」そうだ。

スポンサードリンク

1 2

shiro