データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



素材は菊池涼介以上!? ドラフト1位候補、中京学院大・吉川尚輝が見据える未来

今やゴールデングラブ賞の常連、球界を代表する二塁手となった菊池涼介(広島)。その母校・中京学院大に今年「菊池以上の能力がある」とも一部で囁かれるドラフト1位候補の内野手がいる。

2016/01/28

text By

photo

高木遊

タグ: , , , , ,



衝撃を受けた代表合宿

「高校卒業時はプロに行っても通用しないと思っていましたし、大学1、2年生の頃は高校を出たばかりで、あまりこう“野球、野球”という意識はありませんでした」
 
 そう語るのは、中京学院大学4年の吉川尚輝だ。高校時代から定評のあった守備や俊足(現在、50m5秒7)に加え、2年春には首位打者を獲得するなどし、徐々に注目を集めるようになる。
 そして、2年の秋が終了した後に行われた大学日本代表の選考合宿に参加。これを機に、吉川の野球人生が大きく変わった。
 
「ショートの位置から見ていただけでも、“こんなストレート見たことない!”と衝撃を受けましたね。打者も体や打球がこれまで見てきたものと全然違う。“この体なら、そりゃ飛ばせるよな”って」
 
 一方で「自信を持っていた守備や足は(全国レベルでも)いけるなと感じましたし、柴田さん(竜拓/当時國學院大、現・横浜DeNA)の守備を後ろから見て、気になったことを聞いて、様々なアドバイスをもらいました」と大きな手応えを掴んだ。

スポンサードリンク

1 2 3
shiro