プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



この夏立ちはだかった宮城のライバル校たち…仙台育英の甲子園までの道のりを振り返る【高校野球】

2022/08/20

text By

photo

産経新聞社



高校野球 甲子園最新情報

 第104回全国高等学校野球選手権大会は20日、準決勝2試合が行われた。注目された東北対決は仙台育英(宮城)が18-4で聖光学院(福島)を下し、7年ぶり3度目の決勝進出を決めた。仙台育英は2回に11点を奪うなど、19安打18得点と打線が爆発。今大会は4試合計56安打39得点で、チーム打率は4割を超えている。一方、宮城大会は5試合計49安打32得点。投手陣は盤石だったが、決して楽な勝ち上がりではなかった。今回は、仙台育英とそのライバル校が繰り広げた宮城大会での熱戦を振り返る。

 

 

選抜出場校同士の1回戦は白熱の展開に

 1回戦の相手は、昨春ともに選抜に出場した柴田。大会初日の第1試合から、実力校同士の好カードが実現した。両校ともに背番号1、10が左投手ということもあり左腕対決が予想されたが、仙台育英は高橋煌稀、柴田は池田翔、といずれも右投手が先発のマウンドに上がった。
 
 2回に仙台育英が遠藤太胡の適時打などで2点を先制するも、4回、小野珀兎の2点適時二塁打で柴田が追いつく。仙台育英は古川翼、柴田は日下裕翔と早々にエース左腕に継投し、5回までは2-2と息の詰まる接戦が続いた。
 

 
 中盤、仙台育英が底力を発揮する。6回、尾形樹人、遠藤の連続適時打で2点を勝ち越すと、7、8回にも1点ずつを加え突き放した。万事休すかと思われた柴田は9回、猛追を見せる。佐藤裕也の適時三塁打、石田登志の犠飛で2点差。球場が柴田の押せ押せムードに包まれる中、最後は古川が踏ん張り、なんとか初戦を突破した。

1 2 3 4