データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



たった一球で「全てが台無しに」。国際大会ならではの得難い経験、敗戦を糧にさらなる成長を【プレミア12】

「第2回WBSCプレミア12」は12日、スーパーラウンド2日目を迎え、野球日本代表「侍ジャパン」はアメリカ代表と対戦。終盤までもつれる試合展開も、一発に泣き3-4で敗れた。

2019/11/13

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



大野雄大の悔やむ“一球”

 国際大会は勝つことだけに意味があるわけではない。
 
 「世界野球プレミア12」第2戦、侍ジャパンは3−4でアメリカに惜敗し、今大会初黒星を喫した。ここまでチームを支えてきた投手陣がアメリカ打線に11安打を浴びて4失点。安打の割に失点は抑えた方ではあるものの、先制されても粘って終盤勝負に持ち込んで勝ちを拾ってきた、これまでの戦いのようにはいかなかった。
 
 とはいえ、激戦を戦い、惜しくも敗れたが、勝敗だけに国際大会に参加することの意義があるわけではない。戦って敗れたこと、投手で言えば全力で投げて打たれたこと、打者ならフルスイングして抑えられたことが、今大会や、ひいては、彼らの野球人生の大きな財産となる。
 
「それまでの投球がなんぼ良くても、全てが台無しになってしまうくらい投げてはいけない球だった」
 
 そう唇を噛んだのは、3番手で登板したサウスポー・大野雄大だった。
 
 先発の高橋礼が2点の先行を許し、2番手の山岡泰輔も1失点。その中で、2−3と6回にチームが追い上げた中で、7回、大野は2番のアデルに手痛い一発を浴びた。
 
 大野は続ける。
 
「打たれたのはツーシームでした。ツーシームという球種はゴロを打たせる球なのに、あの高さに投げてはいけない。一発のあるバッターで気をつけないといけないとバッテリーで話していたんですけど、ミスしてしまった」

1 2 3



  • 記者募集