データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




タグ:大学野球

【2016年ドラフト交差点 隠し玉】大学NO.1野手・吉川の“宿敵”床田寛樹(中部学院大)にプロ注目。「全国の左投手の中で上位」とも

2016/10/16

床田寛樹(中部学院大)

2016年度のドラフト会議が20日に迫っている。この1年を振り返ると、様々な選手たちがドラフト戦線に名乗りを上げてきた。しかし、有名選手だけが吉報を待っているわけではない。いわゆる、騒がれてはいないが実は候補として視線を集める“隠し玉”をリポートする。... 続きを見る


新潟医療福祉大の笠原祥太郎がプロ志望届を提出

2016/09/09

ball_onlylogoー

9日に加わったプロ志願者は1人  全日本大学野球連盟は9日、2016年度のプロ志望届提出者を更新した。    この日、新たに加わったのは新潟医療福祉大学の笠原祥太郎投手だ。    笠原は左腕から最速147キロのストレートを投げる本格派左腕だ。    プロで需要の多い左腕とあって、スカウトからの評価も上々だ。    新潟医療福祉大は創部して4年目の浅い学校だが、その1期生がドラフト指名されるか注目される。... 続きを見る


“田中正義ロス”のスカウト陣が注目、名古屋経済大・眞野聖也と中尾輝。2部リーグの両逸材に共通するプロでの成功法則

2016/05/21

(眞野)

12球団がドラフト1位指名するとまで噂された創価大の田中正義が故障した今、ドラフトの注目は地方にまで及んでいる。愛知県2部リーグに所属する名古屋経済大の眞野と中尾だ。昨今、スカウトの中でささやかれるプロでの成功法則と2人には共通点があった。... 続きを見る


【16年ドラフト候補の主将】高校時代は藤浪・森と甲子園春夏連覇。東京六大学現役最多勝投手、立教大・澤田圭佑

2015/12/24

澤田圭佑(立教大)インタビュー

大阪桐蔭高時代は藤浪晋太郎(阪神)に次ぐ2番手右腕として、甲子園春夏連覇に貢献。立教大入学後も東京六大学リーグで現役最多となる18勝を積み上げてきた澤田圭佑。ドラフトイヤーとなる来季は、中学時代以来の主将兼エースとしてチームを引っ張る。... 続きを見る


目標は阪神・能見 2015年ドラフト候補、福井工業大・井上和紀が目指す「下克上」

2014/12/15

井上和紀顔写真2のコピー

侍ジャパンでも大活躍している則本昂大や菊池涼介ら、近年、地方大学出身者の活躍に注目が集まるプロ野球界。2015年のドラフト候補にも「地方大学の逸材」たちが多く存在する。今回は、すでに複数のプロ球団そして社会人チームがリストアップしている好左腕・井上和紀(福井工業大)の現在と未来を探る。... 続きを見る


監督交代&投打の柱が抜ける早稲田。吉永の復活、小島の活躍に期待したい2015年

2014/12/03

DSC_0012

大学野球シーズンが終わり、すでに各大学は新主将、新体制の下で2015年に向けてスタートを切っている。早稲田大学は監督が交代し、さらに有原、中村らこれまで投打の柱だった4年生が卒業する。来季、公式戦経験者は多くいるが、抜けた穴は簡単には埋まらないだろう。優勝争いを考えると〝ニューフェイス〟の台頭とあの男の〝復活〟に期待したいところだ。... 続きを見る




@