データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




4番の一振りで、日本ハムがファイナルステージ進出を決める

台風の影響で1日順延となったパリーグのクライマックスシリーズファーストステージ第3戦。延長10回表、日本ハムの4番・中田翔のホームランが飛び出し、2対1でオリックス。バファローズを下した。栗山英樹監督就任1年目、優勝した2012年以来のファイナルステージ進出となる。

2014/10/14

text By

タグ: , , , , ,



 台風の影響で1日順延となったパリーグのクライマックスシリーズファーストステージ第3戦は両チームの意地と意地のぶつかり合いとなった。

 初回、オリックスは駿太の先頭打者ホームランで1点を先制する。日本ハムの先発。メンドーサは、5回裏のピンチもしのぎ1失点で降板。打線に望みを託す。

 一方、オリックスの先発の西は毎回走者を出しながらも、この1点を守りきり、日本ハム相手に5回3安打で中盤へ。
 
 6回表、一死から小谷野、近藤の連打でチャンスをつくると、栗山監督が勝負に出る。大引に代えて、切り札の稲葉を投入。このチャンスの場面で、稲葉は変化球をうまく拾ってライト前にタイムリー同点に追いつく。

 ここで、オリックスは西からセットアッパーの佐藤にスイッチ。一気に畳みかけたい日本ハムは今日2安打の大野に対して、第1戦に佐藤からホームランを打っているミランダを代打へ送った。

 前回変化球を打たれた佐藤は外角中心に強気のストレート勝負。ミランダを外角のストレートで三振に奪うと、次の西川も高めのストレートでセンターフライに打ち取って勝ち越しを許さない。

 一方のオリックスは、8回にチャンス到来。駿太が2塁打、続く安達が送って一死3塁で、3番糸井。ここで日本ハムも左の宮西へ。力と力の勝負で糸井を空振り三振、続くT-岡田も空振り三振に仕留める。

 直後の9回、オリックスはクローザーの平野佳がマウンドへ。いきなり市川にショートへの内野安打を許し、その後二死2塁のピンチを背負うが、ここは3番の陽をストレートで追い込んで、最後は変化球で空振り三振。

試合は、延長戦へ突入する。

クライマックスシリーズの規定上、日本ハムは12回表までに得点が入らなかった時点でファイナルステージ進出は消滅する。

10回表、マウンドは9回同様に平野佳。先頭の4番・中田。これまでノーヒットだった主砲が、ここでセンターバックスクリーンに飛び込む一撃。その裏、増井も得点圏に走者を置くも安達、糸井を抑えた。

この結果、2勝1敗でレギュラーシーズン3位の日本ハムが2012年以来のファイナルステージ進出を決めた。

パリーグのクライマックスシリーズファイナルステージは、明日15日からヤフオクドームで開幕する。レギュラーシーズン1位のソフトバンクに1勝のアドバンテージが与えられており、また今季の対戦成績はソフトバンクの14勝10敗と勝ち越している。

一方、日本ハムは過去のプレーオフ・クライマックスシリーズでは2006年、2012年ともソフトバンクには一度も負けていない。

王者の実力を示すか、はたまた下剋上か――。

スポンサードリンク

shiro





@