データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




グリエル、デスパイネなど大物選手が次々来日。日本球界に吹き荒れた〝キューバ旋風〟

2014年シーズンの大きなトピックスのひとつが、キューバ出身選手の活躍だ。昨年、キューバ政府が制限つきながら自国選手の海外移籍を容認したため、グリエル(横浜)やデスパイネ(ロッテ)など、キューバの至宝と呼ばれる大物選手が次々と来日。その前評判に違わぬ実力を示し、キューバ野球の質の高さを改めて見せつけた。解禁元年となった今季は、いわば〝種がまかれた〟1年に過ぎない。このキューバ旋風は来季以降も続いていくと予想される。

2014/10/14

text By

タグ: , , , , , ,



DSC_0005

かつてのキューバ人選手の海外移籍手段は亡命

 2014年シーズン、日本球界にキューバ旋風が吹き荒れた。

mitani-1

 今季、NPBに所属していたキューバ出身選手は9名。横浜へ入団したキューバ野球界のスーパースターであるユリエスキ・グリエル、キューバ国内リーグのシーズン最多本塁打記録を持つ、ロッテのアルフレド・デスパイネなど、いずれもシーズン途中での加入ながらチームの主軸として活躍し、改めてキューバ野球のレベルの高さを証明してみせた。

 オリンピックやWBCなど国際大会において常に好成績を残し、国内リーグも活発なキューバ野球。しかし、フィデル・カストロの革命によって社会主義国家となったキューバは、1961年にプロスポーツ制度が廃止され、国内のすべての野球選手はアマチュアとして活動せざるをえなくなった。

 結果として、プロでの活躍を望む選手は国外への亡命に活路を見出すしかなく、特に海外で行われる国際大会では代表選手がチームから逃亡する形で、プロ入りを目指すケースが目立った。

 剛速球を武器に現在はMLBのシンシナティ・レッズに所属し、2年連続で38セーブをあげたアロルディス・チャップマンが、こうしたケースの代表例。2009年にキューバ代表としてオランダ遠征に帯同した際、アンドラへと亡命し、メジャーとの契約にいたった。

 また、幼少期に家族の意向で国外へと亡命を果たし、プロ入りする選手もいる。カリブの怪人と恐れられ、1991年から3年連続で本塁打王に輝いた、元西武のオレステス・デストラーデも、そのひとり。5歳で家族とともにアメリカへと亡命し、西武入団を果たしたときにはアメリカ国籍を取得していた。

 つまり、メジャーや日本などプロの世界でキューバ出身選手が活躍するためには、母国を捨てるしかなかったのである。しかし、今季、日本球界で活躍を果たしたグリエルやデスパイネは、キューバ国籍を保持したまま来日を果たした。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@