データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




大瀬良投手らカープの同世代選手に注目。お互いに刺激を与えられたらうれしい【音楽と野球 片平里菜さん インタビュー】

『野球を通じて音楽にも触れてほしい』という思いで発信しているこの企画。今回は、カープを応援する女性シンガーソングライター・片平里菜さんが登場。野球中継(スポーツ専門テレビ局J SPORTS)のテーマソング「スターター」は、熱心な野球ファンにとってはお馴染みかもしれない。ここでは野球との出会い、昨年行った国歌斉唱のこと、さらには、ライブに訪れたカープ戦士とのエピソードも教えてくれた。

2015/08/25

text By

タグ: , , , ,



Print

マツダスタジアムでの初観戦は、迫力に圧倒されました

――片平さんは、昔から野球が好きだったのですか?

 実は、野球に興味を持ったのは音楽の仕事を始めてからなんです。マネージャーさんをはじめ、周りに野球好きのスタッフさんが多くて、少しずつ影響を受けるようになりました。そんな中で、野球中継のテーマソングのお話を頂いたり、昨年マツダスタジアムで国歌斉唱をやらせてもらったりと、カープとのご縁も生まれてきたんです。

――国家斉唱の時はどんな思いでしたか?

 まず、球場のスケールの大きさに驚きました。しかも国歌斉唱というすごく大事な儀式なので責任を感じましたし、監督や選手の方々が横一列に並んで精神統一されているのも伝わってきて、その雰囲気にのまれそうでした。ライブの何十倍も緊張して、歌ったあとも興奮していたと思います。

――その日は球場で観戦されましたか?

 はい。プロ野球を生で見たのは初めてだったので、プレーや応援の迫力に圧倒されました。中日戦だったのですが「負けたらいやだな、勝ってほしいな」って思いながら見ていたので、特にその日はカープが勝ってくれてうれしかったです(笑)。

――そういえば、7月に広島で行われたライブに選手が来られたそうですね。

 大瀬良投手、戸田投手、飯田投手が来てくださいました。大瀬良投手は国家斉唱の時にもお話させてもらったのですが、どこかあどけなさも残っているのに、地に足がついていて、しっかりされているなあという印象ですね。同世代の方が違う職種のプロとして活躍されていることに、とても刺激を受けています。

――選手たちも片平さんから刺激を受けているかもしれないですね。

 どうでしょうね。お互いにいい刺激を与えられていたらうれしいです。ライブ終わりに「全然イメージと違った」とは言われましたけど(笑)。クールなイメージを持たれていたのだと思います。でも、実際は緩い感じだし、一方でライブでは感情をむき出しにすることもありますから。あとから聞くと、(ライブに訪れた)選手たちは、音楽のライブを見る機会はあまりなかったそうです。学生時代から野球漬けだし、もちろんプロの選手になってからも毎日のように試合をされているんですもんね。

――選手にとって貴重な体験だったでしょうね。ところで、片平さんご自身も野球経験があると聞きました。

 『風とロック 芋煮会』(音楽と野球の融合イベント/今年は9月26、27日に開催)に出させてもらっているんです。去年なんて意気込んで、イベントの数カ月前からバッティングセンターで練習をしたので、けっこう打てるようになっちゃって(笑)。学生時代に6年間バスケットをしていたこともあって、運動するのは好きですから。今年はもっと細かいルールもちゃんと覚えて挑もうと思います。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@