データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




「0.5秒の差でプロ野球人生は変わる」福沢コーチと二人三脚で、プロの壁に立ち向かう寺嶋寛大【マリーンズ浦和ファーム通信#3】

一軍での活躍を夢見て、日々二軍の浦和球場で汗を流す若鴎たちを、マリーンズ広報がクローズアップする連載『マリーンズ浦和ファーム通信』。第3回目は、昨年創価大学からドラフト4位で入団した寺嶋寛大捕手だ。

2015/08/10

text By

photo

画像提供:千葉ロッテマリーンズ

タグ: , , , , , , , ,



BY6V2575

春季キャンプで一軍のレベルを痛感

 大学時代は、なにをやってもうまくいった。創価大学では1年秋に正捕手になり、4年時には主将としてチームを引っ張った。リーグ屈指の注目選手。全日本大学野球選手権、明治神宮野球大会でも存在感を見せた。そして寺嶋寛大捕手はドラフト4位で千葉ロッテマリーンズに入団する。自信と夢を持ってのプロ入り。誰もが引退したばかりの里崎智也捕手の後釜の一人として高い期待をかけた。しかし、やはり、プロの壁は厚かった。今、寺嶋はファームでもがき苦しみながらも、少しずつ成長をしている。

「春のキャンプを一軍で参加をさせてもらって唖然としました。同じ捕手だと吉田さんの肩の強さ。田村のボールをとってから投げるまでの速さ。自分とは明らかに違った」

 春季キャンプは一軍入りしたが、その後、二軍落ち。ファームの本拠地のあるロッテ浦和球場では福沢洋一バッテリーコーチが待っていた。そこからマンツーマン指導の日々が始まる。

「いいものを持っているけど、すべて荒削り。だから一つひとつ丁寧に教える必要があると思った。同じことの繰り返し。その反復を毎日、しっかりとできるかどうか。植え付けて、すり込ませていく。今はその途中」。泥まみれになりながら練習を続ける若者に優しい視線を送りながら、福沢コーチはそう話す。

 まずは対話を重視した。基本練習をする意味。今後、どのような目標設定をすればいいのか。様々なことを話し合い、納得した上で指導を始めた。大学時代には筋トレをしていなかった寺嶋に「捕手は下半身だ」とウエイトトレーニングも薦め、2日に1度の割合で行うようにした。すべてを理路整然とカリキュラム化し、練習メニューを作っていった。

KN0_8097

 だから寺嶋も納得し理解した上で練習に取り組んでいる。二軍落ちした際には戸惑い悩んでいた若者の目はキラキラとした輝きを取り戻しつつあった。

スポンサードリンク

1 2 3

shiro





@