データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




江越が打点をあげると、今季阪神全勝 継投が裏目、中日は6連敗で自力優勝が消滅

29日、ナゴヤドームで中日対阪神が行われ、3-2で阪神が勝利した。阪神は1点ビハインドの7回に江越の本塁打で同点とすると、9回に再び江越が勝ち越しタイムリーを放った。2番手安藤が3勝目。最後は呉昇桓が締めた。敗れた中日は中継ぎ陣がリードを守れず、6連敗を喫した。

2015/07/30

text By

タグ: , , , , , , , , ,



_MSD1824

後半戦の虎を引っ張るのはこの男だ!

3回に先制した阪神だが、4回裏に中日に先頭打者・荒木の安打を皮切りに逆転を許してしまう。
 しかし、終盤に阪神期待の長距離砲が今日も勝負強さを見せる。

 7回、後半戦7試合連続スタメン起用のルーキー・江越大賀が6回まで2失点と先発・能見の粘りのピッチングに応えるかのように、中日2番手・田島からレフトスタンドへ同点本塁打を放った。勢いは止まらず、9回一死2塁から、再び江越が試合を決める勝ち越し適時2塁打。本塁打、2塁打ともに初球を打ち「積極性は自分の持ち味なので続けていきたい」と持ち味を存分に発揮した。

 甲子園でも試合を決める一発を放っている江越。今季打点を挙げた7試合はここまで全勝とまさに救世主だ。虎を引っ張るルーキーからますます目が離せない。

【次ページ】中日、自力優勝消滅

スポンサードリンク

1 2

shiro





@