データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




オリックス岩崎、移籍後初本塁打は、球団通算8000号本塁打&値千金の逆転弾

28日、ほっともっと神戸にてオリックス対日本ハム戦が行われ、8-4でオリックスが勝利した。

2015/07/29

text By

タグ: , , , , , , , ,



unnamed

序盤から打線がつながったオリックス

 エース金子千尋とオリックスキラー上沢の先発。初回、金子は陽に2塁打を打たれピンチを招くが、中田を三振に斬って取る。

 するとその裏、ヘルマンか上沢の立ち上がりをとらえてヒットで出塁すると、続く安達がレフトオーバーの特大適時二塁打でオリックスが先制。しかし日本ハムは2回に近藤が金子が初球に投じたスプリットをスタンドに運びあっさりと同点に追いつき、さらにレアードも2塁打で続き、中島の適時打で逆転に成功する。

 直後の2回裏、オリックスは1死から谷が四球を選ぶと、2死となって岩崎が高めのストレートをライトスタンドに運ぶ、移籍後初、球団通算8000号となる第1号逆転本塁打。続くヘルマンが四球を選んで盗塁も成功。安達はセカンドゴロだったが、これをセカンドの田中賢介が取れず痛恨のエラー。ヘルマンが生還し4-2とオリックスがリードを広げる。

 3回も上沢はピリッとせず、僅か2回1/3で降板。クロッタに交代した。
 一方、3回、4回を三者凡退に抑えた金子も、5回に田中賢介にタイムリーを許し、この回まで投げて被安打5、失点3の内容で降板する。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@