データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




第17週、パは、サファテ(ソフトバンク)、セは山田哲人(ヤクルト) 【BBC編集部が選ぶ、NPB週間MVP第17週(7/20-7/26)】

日々データ系のコラムを配信しているベースボールチャンネルでは、今季開幕から毎週セ・パ両リーグ、投打のMVPを独自にあげていく。数値からはすべてとは言えないが、現在のチーム状況が見えてくる。また今後の展望にも、ぜひ参考にしていただければうれしい。今回は、7月20日から7月26日までの集計とする。

2015/07/27

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , ,



172309757

ヤクルトが6連勝で混セを抜け出すか

 オールスターブレーク明けの1週間。まずはチーム成績から見ていく。

広尾様0727表1

 パリーグは、ソフトバンクが4勝1敗。オリックス、ロッテが3勝2敗、西武は5敗で上位との差が広がっている。
 セリーグはヤクルトが6連勝。阪神が4勝2敗、オールスター直前、好調だったDeNAが1勝5敗と失速している。

リーグの平均防御率はパが3.84、セも3.67と打高のまま。

日本ハム打線が好調

 次に打撃成績のランキングだ。

 安打、長打、三振、四死球、盗塁、犠打犠飛などの要素を加味したオフェンスの総合指標であるRC(Run Create)順。赤字はリーグ最高。RC10傑と各部門の最高記録を持った選手。RCは1試合1を超えればトップクラス。
 パリーグから見ていく。

広尾様0727表2

 日本ハムの新外国人、レアードはここまで打率1割台と低迷していたが、突如、打棒が爆発した。本塁打、打点の2冠。楽天の新外国人、サンチェスは10安打。陽岱鋼、近藤健介の日本ハム勢も10安打を記録した日本ハムの西川遥輝は5割の高打率を残している。ヘルマン、宮崎祐樹のオリックス勢は3盗塁。

ヤクルト・山田が圧巻の成績

次にセリーグだ。

広尾様0727表3

 ヤクルトの山田哲人は安打、本塁打、打点、盗塁、打率、RCとすべての部門でリーグトップ。RCは驚異的な13.58を記録した。中日の平田良介は本塁打4本、ヤクルトの雄平は盗塁2で最多タイ。

野手のMVPは、パが日本ハムのレアード。セがヤクルトの山田で2回目の選出。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@