データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




3試合連続の2ケタ安打、猛打爆発で4年ぶりの7連勝 外国人リリーフ3人衆で首位キープ

26日、明治神宮球場にて東京ヤクルト対中日戦が行われ、東京ヤクルトが8-7で逃げ切った。

2015/07/27

text By

タグ: , , , , , , , , ,



DSC_0012

 26日、神宮球場で東京ヤクルト対中日の試合が行われ、ヤクルトが「ルーズヴェルトゲーム」の8-7で勝利、接戦をものにし、4年ぶりの7連勝を飾った。
 初回に山田の3試合連続となる23号3ランで先制すると、その後も川端のホームランなどで加点した。先発の山中は6回途中6失点も打線の援護に助けられ、無傷の4勝目。敗れた中日はヤクルトを上回る12安打を放ったが、チャンスでもう1本が出なかった。

「セ界の火ヤク庫」、打線が爆発

 今シーズンここまで好投を見せていた中日先発・若松が、ヤクルト打線の勢いを止めることはできなかった。初回に山田に3試合連続となる1発を打たれると、3回には川端に2試合連続の5号ソロ、4回には中村に今シーズン初本塁打を献上するなど、4回を投げて自身最多の7失点、3被弾と散々な内容だった。

 その若松をKOしたヤクルト打線は、これで3試合連続の2ケタ安打と猛打爆発。そして、その中心にいるのが、後半戦6試合で27打数16安打、打率.593、本塁打4本、12打点と絶好調の山田だ。3冠王も狙える位置につけ、首位を走るチームを引っ張る。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@