データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




大谷翔平がシーズン自己最多タイの11勝目 西武は、記録づくめのおかわり弾も投壊

24日、西武プリンスドームにて埼玉西武対日本ハム戦が行われ、13-6で日本ハムが勝利した。西武は中村が1000本安打と300本塁打を同時に達成、さらに通算満塁本塁打数1位タイに並んだ。主砲がバットでチームを鼓舞し、一時は日本ハムのエース・大谷相手に同点に追いついたもの、投手陣が崩壊。中盤から勢い付いた日本ハム打線に突き放された。

2015/07/25

text By

タグ: , , , , , , ,



PIC00020C

珍しいガッツポーズも

 先制したのは、日本ハムだった。1、2回は西武の先発・十亀に3者凡退に抑え込まれるも、3回に今季十亀に対して12打席無安打だったレアードが一発を放つ。さらに大野が安打、西川がしっかりと送ると1番の陽の適時打などで、一気に3点を奪う。

 直後に、西武が反撃に出る。
 4回の先頭打者は通算1000本安打、通算300本塁打までそれぞれあと1本に迫っていた西武・中村。カウント2-2からスライダーを一振りすると、レフト方向へ鮮やかな弾道を描く本塁打となった。今季一度も安打を放つことができていなかった大谷からの一発が、通算1000本安打&通算300本塁打に。300本塁打達成は史上8番目のスピード到達だ。
 記録達成に沸く西武プリンスドームとは裏腹に、本人は表情を緩ませることなく、いつも通り淡々とした表情を見せた。

 しかしこれだけで終わらないのが、ライオンズの誇る主砲だ。
 リードを4点に広げられた5回に迎えた第2打席。炭谷が四球で出塁すると、2番の栗山がライトへ安打、浅村が死球で1死満塁に。迎えた大チャンスで、日本ハム先発・大谷が投げ込んだ今試合最速の159キロの直球をとらえ、ライトスタンドへと運んだ。王貞治氏に並ぶ通算満塁本塁打数歴代1位タイの15本目となる、圧巻のグランドスラムで同点に追いついた。

「しっかり仕事をした」と田邊監督も4番の仕事ぶりを称賛。「みんながつないでくれたチャンスだった。打てて良かった」と自身の一打を振り返った中村は、塁上を駆け抜ける際に、珍しくガッツポーズを見せた。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@