データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




ヤクルトが首位浮上 3連敗のDeNAはルーキー石田好投も、悔いの残る二度のバント失敗

22日、横浜スタジアムでDeNA対東京ヤクルトの試合が行われ、ヤクルトが初回にあげた2点を守りきり、2-1で勝利した。DeNAに同一カード3連勝。勝率5割復帰とともに阪神と並んで同率首位に立った。

2015/07/23

text By

タグ: , , , , , , ,



image-76912

 初回に畠山と大引の適時打で2点を先制したヤクルトは、DeNAの反撃を1点に抑え、継投で逃げ切った。先発した石川は対DeNA戦4連勝で6勝目を挙げた。敗れたDeNAは先発のルーキー石田が7回2失点と好投するも打線の援護なくプロ初黒星を喫した。

ルーキーの立ち上がりを攻めたヤクルト打線

 プロ2戦目の登板となったDeNAドラフト2位ルーキー石田健大。前回、プロ初登板初先発となった巨人戦では、初回に失点すると4回3失点で降板、結果を残せなかった。今回も、21日の試合で、1イニング11得点をあげるなど、勢いに乗るヤクルト打線に初回からつかまった。
 1番比屋根にファウルで粘られヒットを許すと、一死後3番山田がライト前ヒットでチャンスを拡大、そして4番畠山のタイムリーで先制される。さらに二死後、6番大引にも適時打を許し、初回に2失点を喫した。石田は、前回に引き続き立ち上がりに課題を残した。この後、7回まで投げて、失点はこの2点だけと好投を見せたが、もったいない初回となってしまった。結局、石田は7回105球、被安打7、2失点という内容だった。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@