データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




「ファン投票選出に感謝」黒田、前田、會澤、新井ら地元カープ勢の活躍でセが連勝

18日、マツダスタジアムでマツダオールスターゲーム第2戦が行われた。地元カープ勢の活躍もあり、8-3でセリーグが連勝を飾った。

2015/07/18

text By

タグ: , , , , , , , , , , ,



admin-ajax

黒田、前田の新旧エースの継投

 広島の本拠地・マツダスタジアムで行われたマツダオールスターゲーム第2戦はまさにカープデーとなった。
 黒田、前田、會澤、新井と、ファン投票で選ばれた広島勢が実力を見せつけた。

 セリーグは、ファン投票で選ばれた黒田と會澤のカープコンビが先発バッテリー。
 まず黒田だ。
 公式戦では立ち上がりに苦労することが多かったが、晴れの舞台で真骨頂を発揮、パリーグの売り出し中のスターを相手にしなかった。秋山を内側のスプリット、柳田をフォーク、中田を外のスライダーでそれぞれ空振り三振に打ち取った。

 今季、話題になった左バッターに対する外のボールゾーンから入ってくるフロントドア、インコースのボールからストライクゾーンをかすめるフロントドアなど、交流戦で対戦していないパの打者にとっては、初めての軌道だったに違いない。

 2回、中村が安打で出塁すると、糸井の四球、中島卓の安打で満塁のピンチを背負ったが、炭谷は併殺打で無得点。
 黒田は2回を45球、打者9人に被安打3、奪三振3の無失点。持ち球を駆使して、アウトの山を築いた。

「どこでアウトを取ろうかなと。いろんなボールを使って抑えるしかないと思った。初めて地元で投げられて、熱くなるものがあった」と地元開催となったオールスターで、ファンの期待に見事な投球で応えた。

 数種類の球種を投げ分けた黒田とうって変わって、ストレート勝負を挑んだのが2番手の前田だった。5回目にして初めてのリリーフのマウンドで、公式戦ではまず見られないであろう、黒田からの継投。3回は秋山、柳田の同世代対決を制し、3者凡退に抑える。2イニングを投げ、38球すべてストレート。最速149キロ、内外角に投げ分けた。

「ストレートだけで、いつもより疲れました。黒田さんの後を投げられて貴重な体験でした」と前田。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@