データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




160キロマークの大谷翔平、右手中指のマメで途中降板 チーム勝利も10勝目はお預け

2日、札幌ドームにて日本ハム対オリックス戦が行われた。日本ハムは両リーグ10勝一番乗りをかけて、エース大谷翔平が先発のマウンドに上がった。

2015/07/03

text By

タグ: , , , ,



PIC00020C

試合は大谷に白星のつく展開だったが……

 大谷、両リーグ10勝一番乗り――。
 新聞などメディアはこんな見出しを考えていただろう。

 初回、オリックスの糸井から今シーズン通算100個目の奪三振をマーク。さらに7個を積み重ねて、107個。阪神藤浪の103個を抜いて現時点ではこちらも両リーグ最多だ。

 6回表には糸井の初球、今シーズン最速タイの160キロを掲示した。まさに大谷一色のゲームになるはずだった。ところが、である。
 大谷が右手中指のマメができるアクシデントに見舞われ、7回1死を取ったところでマウンドを降りると、この後、8回、中継ぎの宮西が安達に同点2ランを浴びてゲームは振り出しに戻り、大谷の勝ちは消えた。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@