データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




大学時代は未勝利も……原監督「印象に残る投手」 カープ・薮田和樹がプロ初先発初勝利

7月1日、東京ドームにて行われた広島対巨人戦。カープの先発は昨年ドラフト2位指名で入団したルーキーの薮田和樹。巨人相手に好投を見せて、プロ初登板初勝利を飾った。

2015/07/02

text By

タグ: , , ,



雑観A011

敵将も脱帽

 巨人・原監督は「薮田は印象に残る投手だった」と敗戦を潔く認めるコメントを残した。

「ドームで投げるのも初めて」と薮田本人がいう晴れ舞台。1日の敵地、東京ドームで広島のルーキー、薮田和樹が1軍初登板初勝利を挙げた。

 1年先輩の九里と同じく岡山理大付、亜大という経歴。

 ただ高校でも大学でもヒジの骨折を味わう。大学ではさらに肩痛も加わった。甲子園出場もなく、大学リーグ戦では3年春に2試合、投げただけだ。

 広島生まれで、母親と高校の監督が中学の同級生という縁で岡山理大付に進学。担当した松本有史スカウトは亜大出身。無名時代から広島はマークし、薮田の潜在能力を買ってのドラフト2位指名だったはずだ。

 今季、ファームでは4勝1敗、防御率1.70と結果を残してきた。

 広島が1回表、菊池の2ランで先制したその裏、薮田は巨人の先頭打者・長野にインコースのストレートをレフトスタンドに運ばれ、いきなりプロの洗礼を浴びる。

 188センチ、82キロ。テークバックが小さく、打者はタイミングが取りづらくボールの出所も見えにくい変則フォーム。腕を勢いよく振るのでストレートと変化球の見分けも難しくなる。

【次ページ】感謝でいっぱい

スポンサードリンク

1 2

shiro





@