データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




交流戦第1週パは、柳田悠岐(ソフトバンク)、セは藤浪晋太郎(阪神)【BBC編集部が選ぶ、NPB週間MVP第9週(5/25-5/31)】

日々データ系のコラムを配信しているベースボールチャンネルでは、今季開幕から毎週セ・パ両リーグ、投打のMVPを独自にあげていく。数値からはすべてとは言えないが、現在のチーム状況が見えてくる。また今後の展望にも、ぜひ参考にしていただければうれしい。原則として月曜日に発表する。2カード6試合ごとで今回は、5月25日から31日までの集計とする。

2015/06/01

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,



172309757

好調ロッテが勝率5割に

 交流戦第1週のNPB週間MVPだ。チーム成績から見てみよう。

広尾様0601表1

 今週から対戦相手が同一リーグでなく、他リーグになる。勝敗はパが18勝、セが17勝、1引き分けだった。
 パはソフトバンク、ロッテ、日本ハムが勝ち越した。セは広島、阪神が好調だ。首位のDeNAは負け越したものの、ここまで大きな差はついていない。

 リーグ防御率はパが3.70、セが4.19。これはパの打者陣がセの投手陣を打ち込んだことを意味している。両リーグともにリーグ戦から打高に推移したままだ。

パリーグ野手陣がセリーグ投手陣を打ち崩す

 次に打撃成績のランキングだ。

 安打、長打、三振、四死球、盗塁、犠打犠飛などの要素を加味したオフェンスの総合指標であるRC(Run Create)順。赤字はリーグ最高。RC10傑と各部門の最高記録を持った選手。RCは1試合1を超えればトップクラス。
 パリーグから見ていく。

広尾様0601表2

 パリーグは、この週で10安打をマークした選手が7人も出た。うち3人がロッテだ。ロッテの試合はこの週のスコアを見ればわかるように乱打戦が多かった。
 1位の柳田悠岐は打撃3部門ではトップではないものの、8安打、3本塁打に加え4四球、出塁率も高く、安定感のある活躍だった。
 本塁打は西武の中村剛也。この週は5安打しかしていないがうち4本がホームランだ。打点は中田翔、中村がともに10打点でトップ。
 盗塁はオリックスの新鋭・西野真弘が3盗塁と奮起した。首位打者は日本ハムの杉谷拳士となった。

ヤクルト・山田が好調を維持

 次にセリーグだ。

広尾様0601表3

 ヤクルトの山田哲人が前週に続いて大当たり。盗塁も引き続きトップ。首位打者は中日のルナで、これも2週連続だ。本塁打、打点は広島の丸佳浩がトップでチームの勝利に貢献した。

 野手のMVPは、パは開幕週に続いて2回目のソフトバンクの柳田。セが前週に続いて2回目ヤクルトの山田とする。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@