データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




西野、山崎、亀澤、高木勇…2015年新人王レースは?【広尾晃の「ネタになる記録ばなし」】

ブログ「野球の記録で話したい」を運営中で『プロ野球解説者を解説する』(イーストプレス刊)の著者でもある広尾晃氏。当WEBサイトでは、MLBとNPBの記録をテーマに、週2回、野球ファンがいつもと違う視点で野球を楽しめるコラムを提供していく。今回は、ペナントレースの行方とともに、少々気が早いが新人王候補について考えてみた。

2015/05/29

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , ,



172309757

オリックス・西野の活躍が光る

 交流戦が始まったばかりだが、ペナントレースは三分の一程度を消化した。少し気が早いが、新人王レースの状況を整理してみたい。

 新人王(正式には最優秀新人選手賞)は、その年最も活躍した新人選手を表彰する制度であり、記者による投票で決められる。

 新人と言っても、その年のルーキーだけではない。

・海外のプロ野球リーグに参加した経験がない
・支配下選手に初めて登録されてから5年以内
・前年までの出場が投手は30イニング以内、野手は60打席以内

の選手と定義されている。

 両リーグの新人王有資格者の一軍成績をまとめた。パリーグの投手から見ていこう。白地は2014年のルーキーだ。

hiroo0529-1

 パリーグの投手陣は現時点で、はっきりと数字を残せている選手はいない。

 複数球団が指名を争った日本ハムの有原航平も5月にようやく一軍のマウンドへ。京大初のプロ選手となったロッテの田中英祐は今のところ出遅れている。
 高卒ルーキーの西武の高橋光成は2軍で先発経験を積み、着実に成長している。夏場以降に昇格する可能性もあるだろう。
 高橋のチームメイトの郭俊麟は、台湾出身でドラフトを経ずに入団したが、海外でのプロ経験がなく、新人王資格があると認定されている。
 ソフトバンクは、昨年のドラフト組は1軍で投げていないが、二保旭が有資格者になる。

 次にパリーグの野手だ。

広尾様0529表2

 オリックスの西野真弘はドラフト7位の下位指名だったが、一軍に引き上げられると、ブレイク。チームが苦戦する中、今では1番に定着した。規定打席には達していないが、打撃成績を見ても、数字では群を抜いている。
 楽天のドラフト3位・福田将儀も1年目ながら、1番での先発出場が多い。
 2年目の日本ハムの岡大海は先発で、あるいは代打で、渋くチームの勝利に貢献している。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@