データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




山崎武司も認めた長打力 イーグルス・中川大志、レギュラー定着となるか?

プロ7年目の楽天・中川大志が奮闘している。二軍の実績が一軍に結びつかない苦しい時期を乗り越えて、ようやく飛躍の時を迎えようとしている。

2015/05/28

text By

タグ: , , , ,



172309757

成長著しい中川の活躍

 ペナントレースも早いもので約3分の1を消化している。その中、楽天の仰天ニュースを選ぶとするとベスト3に間違いなく入るのが、プロ7年目の24歳、中川大志の活躍だ。

 5月4日に今季初の1軍登録。しばらくは8番など下位を打つことが多かった。転機は21日の日本ハム戦。初の4番打者に抜擢されると、1点を追う8回、同点を呼び込むチャンスメイクの先頭打者安打を放つ。26日までは5戦連続で4番スタメン出場。昨年32本塁打でオリックス躍進を支えたペーニャでもなく、約2億5000万で獲得したメジャー通算61本塁打のサンチェスでもなかった。この時期に高卒7年目の和製大砲候補が4番に名を連ねるとは、開幕前に想像できたファンはどのくらいいたことだろう?

 この中川が実に良い槍働きなのだ。5月戦線を牽引する存在になった。27日の試合を終えての成績は、57打数19安打、4得点、8打点、9三振、2四球、1死球、2犠飛、5二塁打、1本塁打。打率.333、OPS.829。今季、楽天打者の最長連続試合安打は銀次の15だが、9日のソフトバンク戦からは12試合連続安打を記録した。指揮官の評価も高く、プロ初の3安打猛打賞になった10日ソフトバンク戦では「先発を外せない選手になりつつある」、17日ロッテ戦では終盤に同点二塁打を放って本拠地お立ち台に登った中川を評し「非常に成長を感じる」と、デーブ監督の期待も大きい。

 高卒入団時からその素質は評価されていた。
 山崎武司が舌を巻くほどの天性の飛距離で2011年イースタン打点王、2013年には本塁打、打点の二冠王に輝いた。ファームではズバ抜けた成績を残したが、外国人に頼らざるをえないチーム事情や守備位置、怪我等がネックになり、まとまった機会を得ることはできなかった。しかし今年、両外国人の不調に加え、2軍で打率.368と打ちまくりイースタン首位打者につけるアピールもあり、出場機会を得ることに成功した。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@