データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




独立リーグで生まれた縁 日本ハム・大谷翔平を支える担当広報

華のプロ野球界。その中でも「二刀流」として常に話題の中心にいる日本ハム・大谷翔平。入団当初から注目される大谷を陰で支えている担当広報の青木走野は、彼自身も大谷と同じ舞台を目指した、元独立リーグ出身の選手であった。

2015/05/18

text By

photo

阿佐智

タグ: , , , ,



IMG_2122(ロゴ入り)

高校野球で挫折を経験し、海を渡る

「いやーっ。もう比べるなんていうレベルではないですよ」
 青木走野(そうや)は、数年前の自分と目の前で繰り広げられるプレーを重ね合わせて、笑いながらこう言った。
 ひさびさに見た彼の姿は、いくぶんふっくらしていた。「現役」を退いてすでに4年、仕事以外で体を動かすことはすっかりなくなった。しかし、現在、裏方として支えているプロ野球の世界は、確かにあの当時、目指していたゴールだった。

 野球に明け暮れていた少年は、強豪ひしめく神奈川県の名門校に乞われるかたちで入学した。目の前には、甲子園への道が開けていたはずだった。しかし、半年もしないうちに青木は野球をやめてしまう。

「なにか問題があったわけではないんですけどね。でも、純粋に野球を楽しむことができなかったんです」

 当時について、青木は多くを語ろうとしない。しかし、日本のスポーツ界のある種の悪弊が、ひとりの球児の夢を摘んでしまったことは確かなようだ。
 同時に青木は、高校も辞めてしまった。そして、閉塞感を打破すべく、海を渡った。

「両親には、無理をしてもらって。感謝してます」

 つてを頼ってオーストラリアの高校に留学、地元クラブチームで3年間プレーした。

「勉強は大変でしたね。なにしろ最初は英語が全然わかりませんでしたから。もともと勉強も得意ではなかったですしね。でも、追加課題をこなしたりして、なんとか卒業しました」

 10代にして、たった一人のホームステイ。ホームシックにもなった。それでも、卒業までこぎつけたのは、野球あってのことだった。

「やっぱり、日本で高校中退したんで、負けられないっていう気持ちは強かったですね。ここまで来て、続けなかったらどうすんだって、自分に言い聞かせました」

スポンサードリンク

1 2 3

shiro





@