データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




楽天の1番は福田将儀で世代交代 未来を担う「青い稲妻」がチームを活性化

ここまでパリーグ5位と苦戦する楽天に期待のルーキーが誕生した。ドラフト3位の福田将儀が俊足好打でリードオフマン定着を目指す。

2015/05/10

text By

タグ: , , , ,



172309757

ルーキー福田がリードオフマンに大抜擢

 ゴールデンウィーク9連戦で5連敗を挟む3勝6敗。苦しい戦いを強いられたデーブ楽天だが、長丁場最後の日本ハム3連戦で今季初のビジターカード勝ち越しを決めている。

 中川の適時二塁打など新戦力の躍動も見られた敵地勝利。その立役者はドラフト3位の外野手、福田将儀(中央大)だ。金村暁氏や現役時代に「青い稲妻」と呼ばれた松本匡史氏など複数解説者が「実戦派」と評し、松本氏と同じく青手袋をトレードマークにする俊足好打のルーキーである。

 聖澤の不振で4月17日からセンターに定着。福田は日本ハム戦から1番に抜擢され、3戦合計で14打数7安打、4得点、2打点、1三振、2二塁打、2盗塁。チームが上げた13得点の約半分に絡む働きをみせた。9日のソフトバンク戦でも、初回ヒットで出塁するなど猛打賞でチームの勝利に貢献した。

 楽天の課題は、ペーニャやサンチェスといった主軸を期待されている外国人打者の調子が上がらないことの他、実はリードオフマンに決め手を欠いたのも悩みの種になっていた。ここまで大久保監督は3人をトップバッターに起用。しかし、聖澤、岡島は不振で出塁率1割台と振わない。2本の本塁打を放った松井稼も3割を下回る出塁率で思うような結果が残せずにいた。そこへきて4番に松井稼が座ることになったこともあり、福田に白羽の矢が立ったというわけなのだ。

楽天0510表

 新たな切り込み役に任じられた背番号24の右打者は、チームに新風を吹き込んでいる。日本ハム3連戦では3戦全て初回先頭打者で追い込まれてからミートに徹した打撃で安打出塁。3戦全てで先制点の起点を担った。

 初戦は初回先頭打者安打後、盗塁で2塁を奪取すると、銀次のタイムリーで先制の得点を記録。7回には追い込まれてから低めのフォークに崩されることなく、センター前に弾き返す巧打を披露。どんなに優れた打者でも2ストライク以降は打率が急降下するのが常だが、福田はここまで47打数12安打の.255と好成績だ。2戦目は3回2死から内野安打で出塁、盗塁後に藤田の二塁打で先制のホームイン。3戦目も1回に先制のホームを踏むと、2回には中村勝が得意とするスローカーブ打ち。左中間深部まで飛ばした適時二塁打は中村を沈める一撃になった。猛打賞の回数は藤田と並ぶチーム最多の3。早くもプロの球に対応しつつある。

【次ページ】攻守で俊足を活かす

スポンサードリンク

1 2

shiro





@