データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




今季はわずか1人。NPB助っ人のMLB復帰は「狭き門」【広尾晃の「ネタになる記録ばなし」】

ブログ「野球の記録で話したい」を運営中で『プロ野球解説者を解説する』(イーストプレス刊)の著者でもある広尾晃氏。当WEBサイトでは、MLBとNPBの記録をテーマに、週2回、野球ファンがいつもと違う視点で野球を楽しめるコラムを提供していく。今回は、「各チームに所属した外国人選手の今」についてだ。

2015/05/06

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , ,



172309757

NPBからMLBへ復帰した助っ人は?

 今やNPBにとって外国人選手は不可欠の存在になっている。外国人選手にしても、NPBはMLBに次ぐ報酬が期待できる大きなステージだ。

 毎年のようにNPBには多くの外国人選手がやってくる。NPBに骨をうずめる覚悟の選手もいれば、NPBで活躍して、MLBへの復帰を夢見る選手もいる。
 今ではMLBの各球団も元MLB傘下にいた外国人選手たちの動静を注視している。良い選手がいれば、呼び戻したいと考えている。

 記憶に新しいところでは、ケーシー・マギーだ。2013年の楽天初優勝に貢献した三塁手は翌年、マイアミ・マーリンズと契約。三塁手として177安打、打率.287を記録してカムバック賞に輝いた。

 今季はサンフランシスコ・ジャイアンツに所属。青木宣親の同僚だ。
 同じジャイアンツにいるライアン・ボーゲルソンもNPBからの復帰組だ。2007年から2009年まで「ボーグルソン」の選手名で在籍。通算11勝14敗と振るわなかったものの、2011年にジャイアンツに復帰してからは4年で39勝35敗、ローテーションの一角を担っている。

 他にもレンジャースのコルビー・ルイス(元広島)、インディアンスのスコット・アッチソン(元阪神)など、NPBを経験したMLB選手は少なくない。

 1990年代、セシル・フィルダーという野手が阪神で活躍した後、MLBで本塁打王になったときは「NPB上がりの選手がMLBでも活躍した」と大いに注目されたが、今では珍しいことではない。

 とはいうものの、トータルで見れば、NPBに移籍した選手がMLBに復帰するのは依然として「狭き門」ではある。

 昨年限りでNPBを離れた外国人選手の現在のステイタスを追いかけてみよう。NRIはキャンプ招待選手だ。MLBでいうFA(Free Agent)とは、プレー続行の意思は示しているが所属先が決まらない状態。
 パリーグから見てみよう。

スポンサードリンク

1 2 3

shiro





@