データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




好調ヤクルト投手陣を支える、正捕手・中村悠平の「IT化」【新・燕軍戦記#3】

東京ヤクルトスワローズの好調が続いている。同率首位同士の対決となった巨人との3連戦に2勝1敗と勝ち越し、4月27日現在で1ゲーム差をつけて堂々の首位。好調の最大の要因は、現在も両リーグで唯一の防御率1点台を誇る投手陣だが、それを支えているのが正捕手の中村悠平である。

2015/04/28

text By

タグ: , , , ,



DSC_0012

今シーズンから導入した新たな『武器』

「毎度のことですけど、中村が良いリードをしてくれました」

 ヤクルトが本拠地の神宮で前日に続いて巨人を破り、その差を2ゲームに広げた4月25日の試合後。チームにとって今季初の完投を通算8度目の完封勝利で飾った石川雅規は、そう言って『女房役』を称えた。

「自信を持ってやってるなっていうのを感じます。去年よりもしっかりと意見を言ってくれますし、(正捕手として)やらないといけないっていう自覚がすごく見えるので、頼もしいですね」

 球団史上3位の通算133勝左腕に「頼もしい」と評された中村は、今年でプロ7年目の24歳。一昨年は76試合、昨年も92試合と、いずれもヤクルトで最も多く先発マスクをかぶったが、チームは2年連続の最下位と低迷した。それだけにベテランの相川亮二がFAで巨人へ去り、名実ともに正捕手の座を担う今シーズンは、期するものがあった。

「去年、おととしと悔しい思いをしてきたんで、それを見返したいっていう一心だけですね。今年は休みの日でも野球のことばかり考えています。日々野球漬けというか、そういうことが重要になってくる年だと思うので」

 そんな中村は今年、ある『武器』を手に入れた。

「スコアラーさんの提案でiPadを導入して、休みの日や遠征に行ってる時でも、ほかの球団の映像を見られるようにしたんです。今までは遠征の間は(映像を見るのは)難しかったですけど、今はスコアラーさんに(iPadに)映像を入れてもらって、それを見ています。(バッテリー)ミーティングはありますけど、事前にしっかり準備しておけばと思って」

 この事前の準備が、石川の「自信を持ってやっている」という言葉につながっている。中村は言う。

「自信を持ってサインを出しているのは確かだと思います。それはしっかり準備しているからこそできることであって、しっかりした理由付けがあるから、それで打たれたら相手もあることなんで仕方ないですよ」

スポンサードリンク

1 2

shiro





@