データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




【中島大輔 One~この1球、1打席をクローズアップ】ストレートでピンチ脱出、岸孝之が見せたエースの真髄

ある試合の象徴的なワンシーンを切り抜き、その場面の選手の心理や想いを取り上げる連載企画。2回目はライオンズの岸孝之を取り上げる。負けないピッチャーは、ここぞという場面で抑えるだけの力がある。9月15日の東北楽天戦に登板した岸は、5回表に無死一、三塁から島内にタイムリーを打たれ、1点を献上する。後続の二人を打ち取り、なおも2死二、三塁、打席に入ったのは岡島。ここで岸が選択したボールとは――。

2014/09/23

text By

タグ: , ,



20140917A1Y0011

「バックネットに突き刺さる!?」菊池雄星も怖れた驚異のストレート

「パーフェクトだね」。隣で見ていた某球団のスコアラーが思わずそうつぶやいたくらい、9月15日の楽天戦に先発した岸孝之はストレートの走り、コントロールともに抜群の出来だった。2回2死までひとりの走者も許さず、5月2日に達成したノーヒットノーランが思わず脳裏に浮かんだほどだ。

 しかし、2対0で迎えた5回表、楽天打線に捕まる。先頭打者の西田哲朗に投じたスライダーをセンター前に弾き返されると、続く嶋基宏にはチェンジアップをライトに打たれて無死一、三塁。そして迎えたのは、2回2死で迎えた前の打席でストレートを三塁打にされた島内宏明だった。

 初球はカーブ、2球目は145kmのストレートが真ん中低めに続けて外れて2ボール。145kmの外角ストレートで見逃しのストライク、146kmの内角低めストレートがファウルとなって追い込むと、バッテリーは勝負球にチェンジアップを選択した。

 捕手の炭谷銀仁朗がミットを構えたのは、外角低めだった。しかし、岸の投じたボールは真ん中低めに軌道を描く。見逃せばボールという難しい球を島内がうまく拾い、ライト前安打で西田が生還した。

 決して甘い球ではなかった。だが、この変化球を痛打されたことが、結果的に岸が今季12勝目を手にする要因となる。

「島内に追い込んでからチェンジアップを打たれて、悔いが残りました。変化球を打たれたので、(後は)思い切り真っすぐを投げよう、と」

 岸のストレートについて、後輩の菊池雄星が「怖い」と形容していたことがある。

「あの真っすぐは、なかなか投げられないですよ。低めの軌道から、キャッチャーミットまですごい勢いでボールが到達します。回転数がすごいので、そのままバックネットに突き刺さりそうな感じですね。キャッチボールをしていても、軽く腕を振っているのにボールの回転数がハンパない。怖さを感じるくらいです」

 落差の大きなカーブ、緩急を付けるチェンジアップも岸の武器だが、あくまでストレートを活かすためという位置づけだ。自分が困ったときに頼れるボールは何か。そう瞬時に頭を切り替えられたからこそ、9月15日の楽天戦では5回のピンチを切り抜けることができた。

【次ページ】最多勝が、欲しい

スポンサードリンク

1 2

shiro





@