データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




デーブ楽天、超機動力野球は機能しているのか? データから見える現在地と課題

目指すは年間200盗塁。昨年リーグ最少タイの64盗塁に終わった楽天イーグルス。果たして、開幕から大久保新監督が目指す機動力野球は機能しているのだろうか。

2015/04/22

text By

photo

ベースボールチャンネル編集部

タグ: , , , ,



聖澤(ロゴ入り)

リーグ最多の盗塁数&企図数

 目指すは年間200盗塁。昨年リーグ最少タイの64盗塁に終わった楽天イーグルス。大久保新監督の下、久米島キャンプでは「超機動力野球」を掲げて取り組んできた。オープン戦でも失敗を恐れず、積極的な走りで企図数は昨年の22を上回る37。これはオリックスの38に次ぐリーグ2位の企図数になり、21の盗塁数は同最多を記録した。

 長打力不足の解消が一朝一夕では難しい中、デーブボールの根幹を成す「超機動力野球」。オープン戦では手応えをつかんだが、開幕してその後どうなったのだろうか?
 4月20日時点のデータをもとに確認してみたい。

しばかわ様表1

 4月20日現在、イーグルスのチーム盗塁数は22。企図数31とともにリーグ最多だ。盗塁成功率は71.0%で、昨年が59.3%に終わったことを考えれば、大きな改善に成功している。選手別では昨年1盗塁の銀次が早くも5盗塁を決めている。
 これは現在、日本ハム・中島卓、西武・金子侑らと1位タイだ。他にも岡島4、藤田3をはじめ、これまで盗塁に積極的ではなかった選手の活躍が目立つ。
 2個以上の盗塁を記録している走者が7人出るなど、“どこからでも走ることができる攻撃”が徐々に形になりつつある。今季は二桁盗塁走者が複数誕生するのでは、と期待感も高まる。

 セパ12球団でも最多盗塁の楽天。超機動力野球は開幕後も順調のように見えるが、細かく見ていくと課題もあることがわかった。フルスロットルは求めていなかったわけだ。

スポンサードリンク

1 2 3

shiro





@