データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




「おまえはただ投げているだけ」と言われた男が新人王候補に! ドラゴンズ・又吉克樹が持ち合わせた”強運”

9月19日時点で62試合に登板し、9勝をマーク。防御率は2.15と1年目から好成績をあげている又吉克樹。苦しい投手陣の状況の中、セットアップマンとしてチームを支えており、セリーグの新人王候補の一人だ。そんな又吉も、高校、大学時代はいわゆるエリート街道から外れた無印の選手だ。現在に至るまでは、いくつもの幸運な出会いがあった。

2014/09/21

text By

タグ: , ,



_MSD1824

幸運に恵まれた指導者との出会い

 中日の又吉克樹投手が、チームがシーズン通じて苦戦を強いられているにもかかわらず、すでに60試合登板をクリアするなど新人王を争う活躍を見せている。その大きな要因とは何か。サイドハンドから繰り出す150キロ超のストレート、ボールのリリースポイントが見えづらいフォームなど、いくつかの特性を備えているが、まだルーキーイヤーも終えていない選手なのだ。技術的な面から評するのは時期尚早だろう。やはり、ここまでの歩みで光るのは、プロの世界で大成するために必要な”強運さ”だと言っていい。

 故郷・沖縄の西原高では二塁手。2年生の春に興南高から島井寛仁(現・東北楽天)が転校してくると、強豪校でプレーするような選手の身体能力の高さに驚いたという。島井が公式戦に出場できるようになった3年時は、春季県大会で三回戦に進出してダークホース的存在に。

 その夏、他の投手が故障したため、打撃投手でコントロールのよかった又吉は投手兼任となり、「島井が本格派だから、タイプが違うほうがいいかと思って」サイドハンドから投げるようになる。3年夏は県大会二回戦で敗退するが、2試合とも島井をリリーフ。そうした経緯で“投手・又吉”は誕生している。

 島井は地元の社会人チーム・ビッグ開発ベースボールクラブへ入部するが、そこまでのレベルでプレーする自信がなかったという又吉は、「大学で野球を続けられればラッキー」という軽い気持ちで、創部間もない環太平洋大へ進学する。この4年間に体格が大きくなったのも成長の要因に挙げられるが、何より腕のいい指導者に巡り合ったのが大きかった。

 入学当時に監督だった田村忠義は、1974年に太平洋(現・埼玉西武)のドラフト1位指名、翌75年にはヤクルトの2位指名を蹴って社会人で活躍したサブマリン投手。広陵高時代の西村健太朗(現・巨人)をはじめ、何人ものダイヤの原石を磨いたことでも知られる名指導者だ。その田村からサイドハンド投手としての基礎を叩き込まれ、2年春の中国地区大学リーグ戦では防御率トップの0.60をマークした。

 しかし、秋には明治神宮大会出場も果たすものの、期待や注目を集めるようになると自分の投球ができなくなってしまう。

「おまえはただ投げているだけ」

 大きな壁にぶつかった又吉は、新たに投手コーチとなった堀田一郎からそう言われた。堀田もまた、専大や専大北上高を率いた経験のある投手育成の達人。豊かなポテンシャルを開花させていた又吉は、勝てる投手になるための考え方や技術を伝授される。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@