データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




グリエル、デスパイネ、メンドーサ……キューバ野球の「壮大なる実験」は祖国に何をもたらすか?

キューバは今、野球シーズンのクライマックスを迎えている。デスパイネ、メンドーサらNPBでプレーする選手もこちらのリーグでプレーしている影響で日本の開幕に間に合わず、合流が遅れている。すでに今季はグリエルの退団問題も起きており、キューバが行っている、いわゆる選手の「レンタル移籍」に課題もある。この壮大な実験は、日本・キューバの両国に何をもたらすのだろうか。

2015/04/07

text By

photo

阿佐智

タグ: , ,



デスパイネ

キューバは今がシーズンのクライマックス

 DeNAベイスターズへの合流目前と言われていたグリエルが来日を拒み、退団になったことで日本球界は大騒ぎになった。
 その彼の母国キューバは今、野球シーズンのクライマックスを迎えている。国内トップリーグ、「セリエ・ナシオナル」は、3月末から、2次リーグのトップ4チームが覇を争うプレーオフに入った。プレーオフ出場チームのうち、カバジェロス(カウボーイズ)・デ・グランマに千葉ロッテのデスパイネが、ピラタス(パイレーツ)・デ・イスラフベントゥ(通称ラ・イスラ)に巨人のメンドーサが在籍している。知られざる野球大国の実情を確かめるためキューバへ飛んだ。

 まずは、プレーオフ第2戦が行われた首都ハバナから80キロほど南東にある港町、マタンサスに向かう。街の中心のカフェテリアでは、グランマでの試合の様子がブラウン管テレビに映し出されている。レギュラーシーズン、出場54試合で打率.409、本塁打17本という驚異的な数字を残したデスパイネが登場し、レフト前に白球を弾き返すと、ビールをあおっていた酔客たちが、私の肩を叩く。キューバ政府が仲介役となって日本球界に挑戦した彼らの存在はキューバ国民の広く知るところとなり、また誇りにもなっている。

 球場は街の中心から少し山手に入ったところにあった。試合3時間前、開場はしていないものの、スタンド下のバーや球場の周りの露店はすでに商売を始めている。頑なに社会主義を貫いているこの国だが、球場の周りの風景は他のラテンアメリカ諸国と変わらない。

 3万人収容だという球場は同じ高さのスタンドがバックスクリーンからフィールドを1周している。すでにホームチームのココドゥリロス(クロコダイルズ)・デ・マタンサスの一同はフィールドに集合しているが、ラ・イスラたちの姿はない。

 メンドーサらが到着したのは、試合1時間前だった。キューバでは日本のように試合前のフリーバッティングや、シートノックはない。試合30分くらい前から軽く体をほぐすだけだ。メンドーサは、この日は登板の予定はないのか、投手陣のアップにも加わらず、ベンチ横の椅子に腰かけて携帯電話をいじっている。

 そのメンドーサに話を聞いた。
 すでに述べた通り、キューバリーグのシーズンは日本やMLBなどの北半球のプロ野球とシーズンが重なっている。このことは、キューバ野球が、先進国のプロ野球の人材供給地と化してしまった他のラテンアメリカ諸国のプロ野球と違い、ながらく「独立」を保ってきた証ではあるのだが、選手の「輸出」を解禁した今となっては、大きな足かせにもなっている。選手にとっても、「出稼ぎ」先の長いシーズンを終えた後、母国でもプレーし、その後、また「出稼ぎ」に出るというのはかなりの負担になるにちがいない。本人は、「日本でのシーズンの後、帰ってきてかなり疲れたけど、今はもう大丈夫」とは言う。
 確かに、すでに体は出来上がっているので、来日後、すぐにでもプレーできるのかもしれないが、このあたり、巨人はどうするのだろうか。

 試合のほうは、マタンサスの1点リードで迎えた9回表ツーアウトからラ・イスラが同点に追いつくという展開になった。延長11回、ラ・イスラは2点を入れ、その裏、ランナーを2塁に背負う場面で、ついにメンドーサが登場した。メンドーサは、最初の打者を三振に仕留めると、次の打者をフライに打ち取るが、これがあわやテキサスヒットという当たり。しかし、この小飛球をセンターが好捕、サヨナラを狙って3塁へ猛ダッシュしていたランナーは、2塁に戻ろうともせず、メンドーサはチームを1勝1敗のタイに導いた。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@