データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




40歳は今や“働き盛り” 黒田博樹らNPBで元気に活躍するベテラン選手【広尾晃の「ネタになる記録ばなし」】

ブログ「野球の記録で話したい」を運営中で『プロ野球解説者を解説する』(イーストプレス刊)の著者でもある広尾晃氏。当WEBサイトでは、MLBとNPBの記録をテーマに、週2回、野球ファンがいつもと違う視点で野球を楽しめるコラムを提供していく。今回は、NPBでプレーする40代の選手についてだ。

2015/04/03

text By

タグ: , , , , , ,



172309757

 

40歳を過ぎた超ベテラン選手も元気

 NPBは開幕から2カード目が終了した。大谷翔平や菊池涼介、筒香嘉智など若いスター選手の活躍が目立っている。同時に40歳を過ぎた超ベテラン選手も元気だ。

 近年、プロ野球選手の寿命は急速に伸びている。昔は40代の現役選手は数えるほどしかいなかった。
 10年前の2005年を振り返ると、40歳以上の選手(その年に40歳になる選手を含む)は、中日・山本昌(40歳)、川相昌弘(41歳)、ヤクルト・古田敦也(40歳)、佐藤真一(40歳)、巨人・工藤公康(42歳)、ロッテ・小宮山悟(40歳)、楽天・紀藤真琴(40歳)の7人だった。
 当時、それでも増えたなと思った記憶があったのだが、今年は21人もいる(MLBで現役の日本人選手を加えれば23人)。40代の選手は、今では珍しい存在ではなくなった。

 “不惑”の選手は、今年の開幕をどのような状態で迎えたのか、年代別にみていこう。一軍の試合に出場していない選手は、二軍の成績をつけた。

 まずは1960年代から72年生まれまでの超ベテラン6人。

広尾様0403表1

 10年前、すでに40歳だった山本昌は、今年のキャンプを二軍で過ごした。3月3日の教育リーグで1球を投げたところで降板。膝の靭帯損傷。NPB史上例のない「50歳現役」を目指しているが、復帰のめどは立っていない。
 今年46歳になった中嶋聡は引き続きバッテリーコーチ兼任。阪急ブレーブス唯一の生き残り。ここ6年は毎年数試合しか出場していない。今年もその機会があるだろう。
 斎藤隆はまだ一軍では投げていない。それでも二軍では早くも5試合に投げ4.2回を自責点ゼロ。元気いっぱいに調整中だ。近々昇格するのではないか。
 兼任監督の谷繁元信は、正捕手の座を松井雅人に譲っている。あと24試合で野村克也の持つ最多出場記録3017に並ぶが、それよりもチームの勝利を優先している。
 あと15本で2000本安打に到達する和田一浩は二軍ではほぼフル出場。復活は近い。西口文也は2012年から勝ち星なし。まだ二軍でも登板できていない状況も、復帰を目指す。

 続いて1973、74年生まれの選手たちだ。

広尾様0403表2

 73年はイチロー世代。イチローはMLB野手の最年長だ。
 早生まれ、1学年上の谷は、2000本安打まで77本。層の厚いオリックス打線にあって、出場機会はなかなか恵まれていない。中日の小笠原は、代打の切り札としてすでに2打数2安打。ドラゴンズの勝利に貢献している。
 誕生日が1日違いの三浦大輔、松中信彦はスロー調整が続くものの、共に二軍で始動している。
 セーブのNPB記録を持つ岩瀬は、今年、福谷にクローザーの座を譲った。左ひじの故障でまだ実戦のマウンドに立っていない。
 レイは、外国人選手唯一の40代選手。一昨年楽天でプレーしており、今年復帰となった。開幕第2戦に先発し5回1失点で白星。4月3日時点では楽天唯一の勝ち星を稼いでいる。
 昨年から一塁に専念している井口は開幕から打棒復活。開幕戦ではチーム第1号となるソロホームランを打っている。春の状態をどこまで維持できるか。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@