データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




「ピンチなのに、やべ、楽しい!」初の開幕投手・牧田和久が投手人生で初めて抱いた感覚【中島大輔 One~この1イニングをクローズアップ】

ある試合の象徴的なワンシーンを切り抜き、その場面の選手の心理や想いを取り上げる連載企画。2015年シーズンが始まり、こちらも再開となる。2015年第1回目は、埼玉西武ライオンズの牧田和久だ。3月27日金曜日の開幕戦、埼玉西武ライオンズ対オリックス・バファローズの6回表の場面をクローズアップする。

2015/03/31

text By

photo

ベースボールチャンネル編集部

タグ: , , , ,



西武牧田(ロゴ入り)

経験を買われて、大役に任命された

 心臓に毛の生えた男は、開幕戦が終了した約1時間後、ようやく報道陣の前に現れた。クールダウンをじっくり行い、冷静になった頭で試合の分岐点を振り替える。

 3月27日、西武プリンスドームで行われた西武対オリックスの勝敗を分けたのは、6回表の場面だ。西武の先発・牧田和久は初回から好投を続けていたものの、この回、1死2、3塁のピンチを招いた。塁上の糸井嘉男、中島裕之がホームを狙い、打順はトニ・ブランコ、T-岡田、小谷野栄一と重量級が続いていく。シーズン初登板に訪れたこのピンチで、サブマリンは投手人生初めての感覚を抱いたという。

「投げているなかで、『やべ~、楽しくなってきているな』という感じはしました。変人なんですかね? 確かにピンチだったんですけど、それまで淡々と抑えてきたので、何か気持ちがやっと楽しくなったな、というか」

 6日前の3月21日、オープン戦で岸孝之が左脇腹痛を発症したことで、同じ30歳の牧田に開幕投手の大役が巡ってきた。田邊徳雄監督は抜擢の理由について、こう説明する。

「開幕投手に選んだのは、牧田の経験だね。侍ジャパンにも選ばれているし、経験豊富な部分を出してほしいという気持ちが強かった」

 前日までは「開幕だからって変に気を入れ込みすぎても意味ない」と考えていた牧田も、登板直前のブルペンでプレッシャーに襲われる。だがキャッチボール、投球練習を行うと平常心に近づき、開幕戦の第1投、オリックスの1番・平野恵一に外角低めの変化球でストライクを奪った直後、緊張から解放された。持ち味とする小気味いいテンポで凡打の山を築き、5回まで相手打線をわずか2安打に封じ込めた。

 しかし6回、1死から糸井にライト前安打を打たれ、続く中島にはファウルで5球粘られた後に9球目をレフト線2塁打。2、3塁のピンチを招いた。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@