データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




黒田博樹「我慢の粘りの投球」で7回無失点 カープ復帰後、公式戦初先発で初勝利

広島の黒田博樹が29日、東京ヤクルトスワローズ戦に登板。7回を投げて被安打5、5奪三振、1四球、無失点。チームも2-1で勝利をおさめ、2007年以来の復帰後初勝利をあげた。96球だった。また2打席目にはライトへツーベース。投打にカープファンを魅了した。

2015/03/29

text By

タグ: , , , , ,



雑観A011

走者を背負いながらも、後続を断つ

 広島の黒田博樹が29日、東京ヤクルトスワローズ戦に登板。7回を投げて被安打5、5奪三振、1四球、無失点だった。球数は96だった。
 カープ復帰後、公式戦初登板となった黒田は毎回のように走者を許す展開になったが、要所を締めた。

 立ち上がりからヤクルトはファーストストライクを積極的に振ってきた。黒田と會澤のバッテリーは、ストライクゾーンを広く使いながら、ボールを動かし、巧みにバットの芯を外していく。山田は2球目をサードゴロ。2番の川端も3球目をセカンドゴロ。ミレッジにはセンター前へヒットを許すが、4番の雄平は見逃し三振。この回は、12球。

 2回は、先頭打者の畠山にセンターオーバーのツーベース。無死2塁のピンチを迎える。ここでユウイチに対しては4球目のアウトコースへ逃げる球を打たせてショートゴロ。さらに大引も当たり損ねのサードゴロ、間一髪でアウトに。中村もセカンドゴロと打者三人を内野ゴロに仕留めてピンチを切り抜けた。この回、14球。

 3回、杉浦を空振り三振、山田をサードゴロ。ツーアウトになったところで畝投手コーチがマウンドへ。この回はボールが続き、どこか異変が起きたのではと球場内も一瞬静まり返ったが問題なく投球再開。2番川端には、技ありのレフト前ヒットを許すものの、ミレッジを詰まらせてライトフライに打ち取る。この回17球。

 4回は雄平、畠山をセカンドゴロに、ユウイチをセンターフライに打ち取り、10球でこの試合初めて三者凡退となった。

 5回、大引を空振り三振。中村にレフト前ヒット。その後9番杉浦のバントを黒田がすばやく2塁へ送球。1塁もアウトになりゲッツー。三人で抑えた。この回、18球。

 6回は、二死からミレッジに今日初めての四球。しかし4番雄平は初球センターフライでこの回も無失点。この回、12球

 7回は、畠山をピッチャーゴロ。ユウイチにセンター前を許すが、大引をセンターフライに、中村を見逃し三振に。マウンド上で雄叫びをあげた。この回、13球。7回を96球、無失点で終えた。

 打でも魅せた。
 復帰初打席はカウント2-2の5球目、空振り三振に終わったが、4回はカウント0‐1から外角ストレートをライトへツーベース。球場は大歓声に包まれた。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@