データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




「きみたちはできる!」若いファイターズを率いる、栗山監督の勝利への強い執着心

3月27日の開幕が目前に迫った。日本ハムはソフトバンク、オリックスに続く3位という見方が多い。

2015/03/27

text By

photo

ベースボールチャンネル編集部

タグ: , , , ,



栗山監督(ロゴ入り

「きみたちはできる」と言い続けてきた、栗山監督の信念

 3月27日の開幕が目前に迫り、各媒体で記者、評論家による順位予想が行われている。
 パリーグ予想は、はっきりと二極分化している。
 優勝候補に挙げられているのは、昨年の王者ソフトバンクと大型補強を行ったオリックス。この2チームが首位争いを演じ、残り4チームが3位を狙う――。
 これが大方の見方。戦力を見れば妥当だろう。

 第2グループの一角。これが2015年のファイターズの立ち位置だ。たしかに実力者が顔を揃える「二強」に比べて、ファイターズには計算できる要素が少ない。ベテランの引退、移籍によって顔ぶれは大幅に若返り、野手も大規模なコンバートが行われた。
 ペナントレースは長丁場。若さや勢いだけでは駆け抜けられない。この戦力なら3位で上出来、2位なら万々歳だろう。

 だが、そんな見方に反発する人物がいる。栗山監督だ。
 就任4年目の指揮官は今季、練習試合から勝利への強い執着心を前面に出し、事あるごとに「我々は優勝を目指しているんだ」と言い続けてきた。そうしなければ、選手たちは「まだ若いんだから」という周りの温かい声に甘んじてしまう、そんな思いがあるのだろう。

「優勝を目指す」という言葉は選手だけでなく、ファンやメディアにも向けられているはずだ。
 前述したように、3位でクライマックスシリーズへ進出すれば、ファンの多くは最低限満足するだろう。こうした空気は、実際にプレーする選手たちに敏感に伝わるものだ。そうなったら優勝は夢のまた夢、3位も危ない。そのことを危惧する栗山監督は、「皆さんも優勝するつもりで見てください」とメディアやファンに訴えているのだと思う。

 思えば栗山監督は就任以降、「きみたちはできる」と言い続けてきた。この一途さこそ、最大の強みではないだろうか。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@