データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




86年オフ、ある男からの呼び出しが、松原氏の運命を変えた【日本プロ野球選手会事務局長 松原徹回顧録2】

2004年の球界再編問題の時に、日本のプロ野球選手会の存在を知った野球ファンの方は多くいるのではないだろうか。しかし残念ながら、実際に選手会はどういう経緯で立ち上がり、どんな組織で、何を行っているのか、ほとんどの野球ファンがしっかりと答えられないのではないだろうか。今回、ノンフィクションライターの田崎健太氏がプロ野球選手会事務局長の松原徹氏へ選手会、そして野球界の抱える様々な問題について取材を行った。ベースボールチャンネル特別連載にてお届けする。前回に続き、事務局長の松原氏がどうしてこの組織に携わるようになったのか、背景をお伝えしたい。

2015/03/22

text By

photo

ベースボールチャンネル編集部

タグ: , , , , ,



DSC_0007

ロッテに入団してあっという間に一軍マネージャー

 神奈川大学野球部のマネージャーだった松原徹が、野球部の監督から新設された横浜スタジアムでアルバイトをしないかと誘われたのは、3年生のときだった。

「野球部の寮は六角橋にあって、関内の横浜スタジアムとは近かった。それでスポーツ新聞の方が、野球部の監督に誰か出してくれと電話したようです。大洋ホエールズが横浜スタジアムで試合をするときは、毎回行って、記者席でスコアブックをつける。適宜、編集部に試合経過を連絡していく。そういう細かいことは記者の方はやっていられません。今は、コンピューターがあるのでこういうバイトはないかもしれませんが」

 アルバイト代は当時1試合4000円、そのうち、3500円を部費として徴集され、残りが松原の手取りとなった。実入りは少なかったが、「坊や」と呼ばれて記者から可愛がられ、蕎麦などをご馳走してもらうこともあった。

 そして、4年生になったとき、松原を気に入ったベテラン記者が就職先としてロッテオリオンズを紹介してくれた。

「まずは管理部というところに入って、監督の指示でちょこちょこ動いていました。そして1年目の12月、いきなり一軍のマネージャーに任命されたんです。そして翌年1月から一軍マネージャー。4月にロッテに入って、8カ月ぐらいでマネージャーになってしまったんです」

 82年1月のことだった。
 通常は管理部で経験を積み、二軍のマネージャー、そして一軍と昇格していく。異例の抜擢である。

「ぼくたちの頃は、トラベルマネージャーも兼ねていたので、年間スケジュールを組んで、まずはキャンプのホテル、そして移動、食事等の手配から始めます。そしてオープン戦の相手との日程調節等々。シーズン中は、飛行機、新幹線、バスなど移動手段の予約、遠征先での練習先確保、雨天の場合の練習場探し、中止になったときはどうするか、ホテルの部屋割り……。一人でやっていましたね」

 当時のロッテオリオンズの選手は、村田兆治、有藤道世、落合博満――個性派揃いだった。みんな、言うことが違うんですと松原は当時を振り返った。

「ある人に食事を合わせれば、他の人からまずいという苦情がくる。ふざけるなと思いながら当然、口答えはできません。かわすしかない。地方へ行ったら、どこか旨いところを探せなんて命じられることもある。しかし、1年目でぼくは右も左も分からない。今みたいにネットで探すこともできません。それをなんとか必死で調べるわけです」

 当時は携帯電話がなかったため、選手への業務連絡は宿泊先のロビーに置いたホワイトボードに書いて伝えた。時に監督と一緒に部屋で酒に付き合うこともあった。

「1年間休みなし、へろへろでしたよ」

 松原は笑った。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@