データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




オリ開幕ローテ当確の松葉貴大が乗り越えるべき課題 リリーフの負担軽減を!【どら増田のオリ熱コラム #18】

侍ジャパン対欧州代表2戦目に先発登板した松葉貴大が18日、中6日で中日ドラゴンズとのオープン戦に先発登板したが、予定回数の6回もたず降板となった。開幕ローテーション当確の松葉。いかに長いイニングを投げ切れるかが今季の課題だ。

2015/03/19

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , ,



465828888

不安の残る登板内容

 11日に東京ドームで行われた侍ジャパン対欧州代表に先発登板し、3回4安打5失点を喫した松葉貴大が18日、中6日で中日ドラゴンズとのオープン戦に先発登板した。

 松葉は初回先頭打者の大島にヒットを許すも、中軸の森野とルナを得意のチェンジアップで連続三振。2回も先頭打者の平田にヒットを打たれる。盗塁を狙った平田をここは伊藤が刺すが、直後に四球を許すなど、序盤から不安定な投球内容。3回には荒木のスリーベースから続く森野が簡単にヒットを放ち先取点を献上する。
 そして4回。先頭打者の藤井は見逃しの三振に斬って取ったものの、ドラゴンズ打線が完全に松葉を捉えて打者一巡の猛攻。松葉は予定回数の6回までもたず、4回10安打5失点。実質KOである。

 先週に続いて連続で不安なピッチングを披露してしまった松葉。それでも開幕3戦目ないしその次のソフトバンク戦第2戦での先発が濃厚だ。ソフトバンク戦に回る場合、おそらく2軍の試合でもう一度調整登板をする可能性もある。

■松葉2014年登板イニングと試合数

7回  3試合
6回1/3 2試合
6回  3試合
5回2/3 2試合
5回1/3 3試合
5回0/3 2試合
5回  1試合
4回2/3 1試合
4回1/3 2試合
4回  1試合
2回1/3 1試合

 キャンプで松葉本人は今季の目標を「1イニングでも多く投げてリリーフ陣の負担を軽減したい」と話していた。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@