データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




新スタイルを模索する松坂大輔、今は無理をする時期ではない【与田剛の眼】

黒田博樹とは対照的に、不安定な内容が続く松坂大輔。インフルエンザを発症し、調整遅れが懸念される。かつてWBCで一緒に戦った与田剛氏の眼にはどのように映っているのだろうか。

2015/03/19

text By

photo

ベースボールチャンネル編集部

タグ: , , , , , ,



20150207ソフトバンク0093のコピー

 9年ぶりに日本球界復帰を果たし、ソフトバンクに入団した松坂大輔。大きな期待を背負っての入団だったが、伝えられる報道は「あのフォームでは勝てない」「もう松坂は終わってしまった」というようなネガティブな話題ばかり。実際、今の松坂について解説者たちは何を思っているのだろうか。2009年にWBC日本代表の投手コーチを務め、松坂らとともに世界一を果たした与田剛氏に話を聞いた。

このフォームで1年間投げ続けるのは厳しい

 キャンプ、オープン戦と松坂大輔のピッチングを見て気になったことは、体が動きすぎるということです。まず、左足を上げた時にセンター方向に体をひねりすぎてしまう。体をひねりすぎるあまり、体の開きが早くなってしまう。さらに、左肩が上がってしまい、軸がブレ、目線もずれてしまう。いろんな部分でバランスを崩してしまっています。今の投げ方だと、ボールはシュート回転しやすくなりますし、リリースポイントも安定しないから制球力がつかない。

 ただ、このフォームは今に始まったことではないと思うんです。アメリカでもこのフォームで投げていたと思いますし、松坂本人も意図的にやっている部分があるかもしれない。それか直したくても直せない何かがあるのかもしれない。詳しいことはわかりませんが、このフォームで1年間投げ続けるのは厳しい気がします。

 ひとつ言えることは、もし今年、松坂が日本ですぐにいい結果を残せるのであれば、アメリカでもそれなりの契約を勝ち取っていたと思いますし、昨年だって先発を任されていたはず。それができずに日本へ戻ってきたわけです。すぐに結果を求めるのは厳しいのではないでしょうか。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@