データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




侍ジャパン、2015年初陣は逆転勝利

「ひかりTV 4K GLOBAL BASEBALL MATCH 2015 侍ジャパン 対 欧州代表」の第1戦が10日、東京ドームで行われ、侍ジャパンが欧州代表に4-3で勝利した。

2015/03/10

text By

タグ: , , ,



DSC_0009

8回集中打で逆転

 「ひかりTV 4K GLOBAL BASEBALL MATCH 2015 侍ジャパン 対 欧州代表」の第1戦が10日、東京ドームで行われた。
 第1戦、侍ジャパンの先発を任されたのは大瀬良(広島)。初回を無失点に抑えたが、2回表に無死1、3塁からアングロのサードゴロ併殺の間に1点を先制される。

 4回表には2番手の牧田(埼玉西武)がマウンドに。ヒットと死球で無死1、2塁とすると2死からアングロの打球はセンターへ。センターの雄平は背走しながら一度はグラブに収めるが捕球できず。スタートを切っていた2者が生還し、2点を追加される。
 その裏に侍ジャパンも反撃。2死から雄平と山田(ともに東京ヤクルト)の連続ツーベースで雄平が生還し、1点を返す。

 6回と7回は3番手の藤浪(阪神)が登板。6回表は、2死満塁としたが、ダシェンコから空振り三振を奪い、ピンチをしのいだ。
 8回表に4番手・又吉(中日)へ継投。欧州代表の中軸を3者凡退に抑えると、直後に侍ジャパンの打線がようやくつながる。この回からマウンドに上がった欧州代表の4番手マルティスから坂本(巨人)、中田(北海道日本ハム)は四球を選び、無死1、2塁のチャンス。ここで欧州代表は、昨年楽天に所属したファンミルにチェンジ。ここで勝負強い5番・筒香(DeNA)はタイムリーツーベース。1点を返すと、続く松田(ソフトバンク)と雄平も連続でタイムリー。3点をあげて、一気に逆転に成功。

 9回は守護神・西野(千葉ロッテ)が3者凡退に抑え、侍ジャパンが欧州代表に4-3で勝利。2015年初陣を飾った。勝利を収めた。第2戦は11日、18時から東京ドームで行われる。侍ジャパンの先発は松葉(オリックス)、欧州代表はディエゴマル・マークウェル。

先発した大瀬良大地のコメント
「調子自体は良くてストライク先行でいけました。失点したシーンについては、(相手は)甘くない外角球でもバットに届かせてきました。経験になりました」

ベースボールチャンネルのフェイスブックはこちら→
ベースボールチャンネルのツイッターはこちら→

スポンサードリンク

shiro





@