データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




黒田復帰も変わらぬ、マエケンの「エースの責任」

黒田博樹が復帰し、カープの先発陣はより厚みを増した。そんな中で緒方新監督は早々に前田健太を開幕投手へ指名した。大投手が復帰しても変わらぬ、エース・前田健太。その責任は自身が一番よく理解している。

2015/02/28

text By

タグ: , , , , ,



20150209広島0602のコピー

監督から開幕投手に指名

 V奪回を誓う赤の戦士たちが、キャンプ地である宮崎県日南市に降り立った。緒方孝市新監督は、全体ミーティングで「開幕投手・前田健太」を明言した。

「すごくうれしかったです。選手全員の前で言われることとかはあまりありませんので、監督のためにも頑張ろうと思いました」

 沢村賞も手にした球界のエースも、さすがに震えが止まらなかった。球界屈指の強力投手陣の絆が強固になった瞬間だった。

 これまで4度の開幕投手を務めてきたが、重みが違う。メジャー通算79勝のキャリアを誇る黒田博樹が広島に復帰したのである。
 ヤンキースの大黒柱にまで登りつめた大投手の存在は大きい。

「やはり実績もある人ですし、経験もたくさんお持ちなので勉強になることがたくさんあります。いろいろ学んで自分のプラスにしたいです」

 ベテラン右腕とともに戦い、そこから吸収する。
 しかし、前田健太は「エースの責任」を背負っていく気持ちは不変である。

「自分が投げる試合には勝つことしか考えない。帰ってきたから黒田さんに頼るというわけではなく、自分が先頭に立ってやるという考えは変わりません。ただ、今の投手陣は若いメンバーが多いので、困ったときに頼れる人がいるということは大きいと思います」

 もちろん、エースの看板を背負うだけの準備は整っている。シーズンオフから、ウエイト、ランニング、キャッチボールと、練習内容自体に目立った変化はないものの確実に「質」を高め、進化の土台を築いてきた。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@