データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




初戦で猛打 開花近し?中日の”ロマン枠”福田永将という男

ファンにとってそれぞれの球団に必ず、まだ活躍できていないけれど、いつか花が咲くだろうと期待を寄せる選手がいる。まさにロマンではないか。ドラゴンズの福田永将は、そんな選手だ。その福田が、21日のオープン戦では6番ファーストで先発すると4打数4安打1打点、1四球と大爆発した。

2015/02/22

text By

タグ: , , , ,



_MSD1824

背番号55は球界のスラッガーを象徴

 中日ドラゴンズの2015年の対外試合が始まった。
 すでに多くの人の目を惹いているのが、友永翔太、石川駿、井領雅貴、遠藤一星の新人野手4人衆だ。彼らの活躍はまさに即戦力ルーキーの名に恥じぬもの。シーズンでの躍動にも大いに期待したい。

 ところで、即戦力という言葉が意味しているのは、“現実(リアル)”だ。即戦力ルーキーたちには、試合でのリアルな活躍が求められている。
 では、“現実”の反対語とは何だろうか?
 教科書的には“空想”あるいは“理想”となる。個人的には、そこに“ロマン”とふりがなをふりたい。

 12球団、どこの球団にも“ロマン枠”と呼ばれる選手がいる。
 将来のとんでもない活躍をファンが夢見ているものの、現実が追いついていない若手選手のことだと考えていいだろう。
 投手なら豪速球を投げる本格派、野手なら大砲候補。巨人なら大田泰示がそうだった。今は少しロマン枠から脱しつつある。

 今、ドラゴンズのロマン枠といえば、誰が何と言おうと福田永将だ。
 高橋周平もロマン枠だったが、リアルでシビアな結果が求められている現在、ロマン感では福田のほうが上だ。

 プロ9年目、右投げ右打ちの一塁手。プロ9年目といえば若手でも何でもないが、ドラゴンズでは山本昌を筆頭に谷繁元信監督兼選手、和田一浩ら超ベテラン勢が時空を歪めているおかげで、福田もなんとなく若手にカテゴライズされている。

 そして忘れてはいけない背番号55。これぞまさにロマンを体現した背番号だ。まず誰もが思い出す元巨人のゴジラ、松井秀喜。広島ならエルドレッド、オリックスならT-岡田だ。かつて巨人の大田も55だったし、DeNAの筒香嘉智も入団当初は55を背負っていた。つまり、背番号55は球界のスラッガーを象徴するものである。

 成績が悪ければ容赦なく良い背番号をひっぺがされる現在のドラゴンズにおいて、現役8年間で通算4本塁打しか打っていない福田が背番号55のままでいられるのは奇跡に近い。それだけ首脳陣の期待値が高いという証明である。

 2015年オープン戦初戦。21日の千葉ロッテ戦で早速、福田は答えを出した。6番ファーストで先発すると、4打数4安打1打点、1四球。第1打席で右前打を放つと、その後も中前打、左二塁打、右前打と、見事に打ち分けてみせた。

スポンサードリンク

1 2 3

shiro





@